ヴォイトレレッスンの日々  

ヴォイストレーニングに関わっている方と、ブレスヴォイストレーニング研究所のトレーナー、スタッフの毎日をとりあげていきます。

声を出さずにこっそり呼吸のみで発声の練習をする

電車の中や歩いているときなど、どこでもできます。
呼吸法のボディの使い方は割愛させていただきます。まず呼気の際、歯や唇の隙間から息を流す方法をとる方が多いと思いますが、これは音が大きくなり周囲に迷惑をかけてしまい勝ちなので避けましょう。また実際に発声する時は声帯を振動させながら呼吸をコントロールするので、呼気の際に声帯が合わさらない程度に声帯の間に隙間を空けて呼気を流すといいでしょう。大事なのは、その時出したい音程や母音を意識して声帯をちゃんと引っ張り、また口の奥も実践さながらその母音の形に開くことです。つまり声帯以外の部位は実践さながらに使うといいでしょう。マスクなどしていれば周囲にばれないと思います。
以上のような練習を地味に繰り返していると自分の耳に音になって聞こえてこない分、呼吸の通り道や各筋肉の使い方や脱力の仕方、声帯の状態などが見えてくる面も大いにあると思います。お試しください。(♭Д)