ヴォイトレレッスンの日々  

ヴォイストレーニングに関わっている方と、ブレスヴォイストレーニング研究所のトレーナー、スタッフの毎日をとりあげていきます。

レッスンのためのトレーニングにならない

トレーナーをしていると皆さんの声を少しでもよくしたいと思いいろいろなことを伝えようとします。自分の経験、教わってきたことなどから声や姿をみてアドバイスしていくのですが、声のことを言い過ぎるあまり中には発声のことに頭が行き過ぎてかえって不自然な声をだしたり体を硬くしたりなどという人も多くいます。中には確かに高い音でてるけど、これじゃ使えないと思う方もいます。
現在はレッスンの方法が随分変わってきました。以前は発声をメインに全ての方にやっていましたが最近では別のトレーナーのやり方をベースに私が応用編をやったり発声は別のトレーナーのものを意識させて私はブレスやステージでの発展形でアドバイスすることも多いです。もちろん発声にはふれますし発声をメインにやる方もいますが、触れ合ってきてレッスンのためのトレーニングになっている方が多くいるという現実もたくさんみてきました。あくまでも本番や歌いたい曲、立ちたい舞台があって、そこをめざしてのトレーニングなのにトレーナーにほめられるためのトレーニングなってはいけないと思うのです。勉強の時期というのはありますし、声に没頭する期間というのもとても大事なのですが、初心は忘れてほしくないのです。
「トレーナーにいわれてからしなければいけない」ではなく「こうしたいから足りない部分を補うためにこうしたほうがいい」という発想になってくれるといいなと思います。(♭Σ)