ヴォイトレレッスンの日々  

ヴォイストレーニングに関わっている方と、ブレスヴォイストレーニング研究所のトレーナー、スタッフの毎日をとりあげていきます。

今日のトレーナーのできごと

Kさん、喉で声を押してしまわないように、息で「ハー」と出してから声にしていただきました。最初のほうはとてもうまく行っているのですが、途中から余裕が出て、喉で押し始める傾向があります。どうぞ、喉の力を抜いたまま声を出すということに慣れていってください。 [E:chick]