ヴォイトレレッスンの日々  

ヴォイストレーニングに関わっている方と、ブレスヴォイストレーニング研究所のトレーナー、スタッフの毎日をとりあげていきます。

庵野秀明さんの声

スタジオジブリの「風立ちぬ」の主役堀越二郎役に庵野秀明氏が決まりました。私はこの映画を見る前にこの話知った時「多くの声優が可愛そう」という印象を受けました。ジブリ映画が声優をあまり使わないのはこれまでもあったし、近年の作品はそれが顕著だったので声優をあまり使わないこと自体には驚きませんでしたが庵野氏の起用には正直驚きました。役者でもなく庵野氏といえばエヴァンゲリオンの監督というイメージの方が強かったからです。ジブリの映画といえば国内だけではなく海外からも注目されているので声優という立場だけでいけば関われるのはビッグチャンスだと思うのです。でも役者でも声優でも芸人でもアイドルでもなく選ばれたのは映画監督。
これにはどんな意味があるのでしょうか。単純に宮崎監督が声優嫌いなのでしょうか。真相はわかりませんが映画「風立ちぬ」を見た感想として映画が始まった時は子供時代の堀越で違和感なくみれましたが大人になっときの第一声には正直びっくりしました。いわゆる表現の色がほとんど感じられなかったからです。声に関しては素人の庵野氏なのでしょうがないのでしょうがちょっとびっくりしました。でもみていくうちにその違和感はなくなりました。むしろ表現されすぎない表現とでもいうか、いじられていない素の感情の堀越二郎がありました。天才肌の人間が出す表現ではない人間味がそこにはありました。特に堀越二郎と婚約者が駅で抱き合うシーンはその声だからこそ生まれ得たシーンだと思います。なぜジブリの作品はアニメではなく映画なのか。堀越二郎の声が庵野氏だたからこそ生まれた名作だと思いました。(♭Σ)

広告を非表示にする