ヴォイトレレッスンの日々  

ヴォイストレーニングに関わっている方と、ブレスヴォイストレーニング研究所のトレーナー、スタッフの毎日をとりあげていきます。

口を閉じて終わらせない

ロングトーンで伸ばしているときや、デクレッシェンドをして最後ピアノで終わりたい時など、徐々に口を閉じていく生徒さんがいます。一人や二人ではありません。なぜそうなってしまうのでしょうね?
ひとつには、腹筋を使わずに、口の中だけで共鳴させたり、小さくしたりしているのではないかと私は思います。基本は、あごは下にダランとさせたままです。口の中の空間は狭くてはいけません。あくびをする直前のように、またはいい匂いのものを嗅いだときのように、上あごは上の方に張っていて、口の中がポカンとなっていることです。舌は平らに、下の歯のラインに収まっているように。
真ん中に集まったり、舌根に力が入ったりしてはいけません。
フレーズの終わりは口を閉じて終わらせるのではなく、腹筋で息を支えて終わらせます。口だけで声を何とかしようとしてしまうと、それで癖がついてしまい、正しい発声が身につきません。まずは呼吸法を習得すること。顔や口、胸の辺りの余分な力を抜くことを心がけましょう。(♯Å)