ヴォイトレレッスンの日々  

ヴォイストレーニングに関わっている方と、ブレスヴォイストレーニング研究所のトレーナー、スタッフの毎日をとりあげていきます。

松山千春さん

人生で初めて聴いた千春さんの歌は、「季節の中で」でした。
1978年、グリコ・アーモンドチョコレートのCMソングに採用され、これを機に千春さんの人気は急上昇してゆきました。
その他に、可愛い歌だなと思った曲に、「七つ違い」という曲があります。
「七つも年下の女性に愛を感じるなんて、俺、おかしいんじゃないか?恥ずかしいな。」
「俺のせいで辛い思いをさせているのに、いつも笑顔でいてくれるのが悲しい・・・」
「気づくのが遅かったけど、やっぱり俺、お前を愛している!」
そんな、不器用ながらも純粋な愛情の描写が大好きです。
高い音域と「千春」の名前が女性と見紛うような印象がありましたが、気性は激しく、侠気に熱いタイプで、歌い方も雄大な雰囲気を描き出します。
後には任侠映画でも活躍するようになりましたが、やはり歌い手としての活動をベースに、数々のCMソングやドラマのテーマ曲を多く残しています。(YD)

広告を非表示にする