ヴォイトレレッスンの日々  

ヴォイストレーニングに関わっている方と、ブレスヴォイストレーニング研究所のトレーナー、スタッフの毎日をとりあげていきます。

自然な声

私のレッスンでは「いい声」は求めていません。自然な声を目指しています。いい声はジャンル、時代、聞き手で変わってくるものだからです。では自然な声というのはどんなものか。
実際自分の声を自然に出すというのは簡単にはできません。自然な声はトレーニングされないと出てこないからです。ちなみに言うと赤ん坊の泣き声は自然なこえです。しかし人間は生活環境、保護者、友人、テレビからの音などでどんどん声を聴き、覚え、創作していきます。
自分では普通に喋っている声が実は周りからの影響で、生活環境でそういう声になったとはなかなか想像しがたいですが、現実的にそうです。長年作ってきた声を取り除くことはなかなか難しいですし1人ではなおのこと難しいです。
なので時間が掛かります。自然な声は自然な声をいきなり求めても出てきません。喉の開放、息の吐き方、様々なことを体、耳が覚えてくれて少しずつ出てくるものです。
いきなりよい声をだそうとは思わず地道にトレーニングを続けてください。(♭Σ)

広告を非表示にする