ヴォイトレレッスンの日々  

ヴォイストレーニングに関わっている方と、ブレスヴォイストレーニング研究所のトレーナー、スタッフの毎日をとりあげていきます。

歌レッスンの感想

1.現状。
喉が弱いというよりもう少し身体で踏ん張った方がよい。
身体に音が付いていて良いラインで声が出ているが、それがまだ弱い、もっと息を吐いてもっと腹圧かけてもっと身体が使えるようになると、高音で口の中が開いていて、お腹の力で音を押し上げられるようになると良い。
喉をこすって使っていないので喉が弱く聞こえるのかもしれない、でもこれは良い事。
思う存分息を吐いて身体から歌えるようになるように、発声としての体力を上げる事。
2.「アエアエアエアエアー」ドレドレドレドレドーで、エの時舌を出す。鏡を見ながら。
アクビの口、鼻の横上げて、前歯出す、縦に開けて。
口そのまま、毎回開閉しない、頬骨をキープする力を顔に覚えさせる、アエアエは筋トレの負荷。
アは自然な舌位置、エの時だけ舌に力が入る、舌を自在にコントロールする。
小さい声で。色々筋トレしてる状態なので、声を大きく出しては喉に良くない。
舌は下にちゃんと出す。
3.舌を出したまま「マメミメマメミメマー」ドレミレドレミレドーで。
これも筋トレなので、言い難い、使い難いところを敢えて使う。
4.「ミーアーアー」ドーレーミーレードーで。
開ける運動。アクビの方向に開けていく。
アから突然開けるのではなくミのところから開け始める。
アーアーは階段下りるのではなくだめ押しして開ける。
鏡みて顔は真っ直ぐのまま。
息を全部使い切る、最初のミから吐いて。
ミからアになる剥がれる瞬間を丁寧に感じて。
ひとつずつちゃんと吐き込んで。
「ミーオーオー」で。縦に細く開けて。
アとかオとか言う時にどうしても軟口蓋がぐっとかぶる音がする、
何もしなくていい、開けるだけ。
でも息吐いて。
もう一度「ミーアーアー」で。
力を入れて開けようとするより脱力して。
後半も頑張って開けていって。
音が変わるたびにお腹で吐いていって、使い切って。ミから吐き出さないと残る。
喉は強く出さない、喉は頑張らない、吐き出す。
お腹で支えて息を吐いて音を回していく感覚が掴めてくると良い。
(OK)

広告を非表示にする