ヴォイトレレッスンの日々  

ヴォイストレーニングに関わっている方と、ブレスヴォイストレーニング研究所のトレーナー、スタッフの毎日をとりあげていきます。

声レッスンの感想

息を吸った時に軟口蓋をあげる
お腹で支える、ポンプのように出す
息を頭のてっぺんに飛ばすイメージ
口の中をだんだんと広くしていく
前の細い道に声を乗せていく、後ろに飛ばないようにする。
そして前に乗せた声が出してから横に広がっていくイメージ
のどは忘れる
上記のことをイメージできたときは良い発声ができる。
自分の発声を修正することができた。
さまざまな出し方の分別ができるようになってきた。(UN)

広告を非表示にする