ヴォイトレレッスンの日々  

ヴォイストレーニングに関わっている方と、ブレスヴォイストレーニング研究所のトレーナー、スタッフの毎日をとりあげていきます。

歌レッスンの感想

1.「aeae」をドレドレで。eの時舌を出す。あくびをしたその感じのまま、力をどこにも入れない。脱力感の中で、鼻の横を引き上げることだけ意識。自分から喉で出そうとする声は、自分で聞いている声。その出し方の声だと伴奏からどんどん遅れていく。
2.「マメマメマメマメマー」。舌を出したままで。出来たことに満足しない。さらに上の段階で、このやり方を使って、筋トレするつもりで。今よりさらにはっきりとmi、meを出すために、鼻の横を引き上げて。
3.「miiaaa」を使って、口の中をどんどん開けていく。はっきりiを出すのが目的ではなく、eに近くなって良いからどんどん開いていく。口の中を開いていくだけなのに、身体も使っていてびっくりでした。トレーナーとは代行で時々お会いしますが、最初は全く出来なかったことが、今日はできるようになっていて、びっくりしました。いろんなレッスンを受けながら、トータルで少しずつ進歩していると思えて嬉しいです。
どうやったら、自分の口の中を広く使えるようになるか、与えられた課題を自分仕様に工夫していくのだという気持ちを強く持ちました。同様に、発声についても、どうやったら今の自分の喉や身体が使えるようになるか、それをつかんでいくために、複数トレーナーをつけてくれているのだと、感じました。その全てが私の引き出しに入れば、すごく素敵。頑張ります。(KR)

広告を非表示にする