ヴォイトレレッスンの日々  

ヴォイストレーニングに関わっている方と、ブレスヴォイストレーニング研究所のトレーナー、スタッフの毎日をとりあげていきます。

声レッスンの感想

1.発声 
息がなくなるにつれて、身体が前落ちてこないように
小さくてよいので、楽に、喉など、どこにも力入らず解放する
息をだして、前に
50音 身体使って
か行 子音をもっとはっきり出す
ら行になるころ、下がっていかない
ひとつ上で、大きくなって力であがらないように、丹田くらいから指令が出て上がるように意識する
口のまわりが固まってくるので、しっかり中を動かして、子音をはっきり息とともに出す
子音のあとに母音がくるを意識する
P66 7音
さ行?た行 子音がでてから母音が出る
ひとつテンションをあげて、前にむけて身体をつかって、はっていく
2.わたしのいもうと
そしてまた、としつきがたち の1行
1語1語、お腹の息で、もっと子音が出て母音
棒読みになっている。
お姉さんの言葉と妹の言葉の感情の変化が
もっと変化をつけて、表わすなど、構成したほうがよい。
入りきらないように、感情はあるけど
離れたところから自分をみられるように
3.課題
第一声が、不安なため、きちんとでない。出す。
子音を意識しすぎて、ぎゅっとしない。
お腹の息で、子音が出て母音を努力する。
P84-85 結婚披露宴 
少しずつ、滑舌がよくなってきたようです。少しでも前にすすめて、とても嬉しいです。(II)

広告を非表示にする