ヴォイトレレッスンの日々  

ヴォイストレーニングに関わっている方と、ブレスヴォイストレーニング研究所のトレーナー、スタッフの毎日をとりあげていきます。

歌レッスンの感想

アでスケール。高い音だと分かりにくいかもしれないけど、裏声と地声はちゃんと出来ているので自信をもってしっかり出す。高い音から低い音になった時、喉の位置をしっかり戻す。真ん中あたりの音は出しにくい分、裏声になりやすい息のロングトーン声でやると一生懸命のどが太くなろうとしているのがわかる。それがしっかりしてくる〈太くなる〉と低い音を出すのが楽になる。息を使って大きな音を出す長さより強く大きく息を出す。息のロングトーン後に声で出すと、通りがよくなって良い声になる。高い音は閉める低い音は押し広げる感じで出す

広告を非表示にする