ヴォイトレレッスンの日々  

ヴォイストレーニングに関わっている方と、ブレスヴォイストレーニング研究所のトレーナー、スタッフの毎日をとりあげていきます。

声を鍛える

中音域というのは曲でもっとも使う部分でありこの部分をおろそかにして高音域だけ習得しようというのは無理なはなしです。なのでまずは中低音の充実からなのです。また最近はポップス自体の声が軽く薄くなっているせいか新規の生徒さんは声が軽く浅い人が多いように感じます。
もっている声が軽い人ならばそれでもいいのですがそのような声をもっていないのに軽く歌っている人の多さにはおどろかされます。自分の声でうたわなければ何も表現できませんし何もつうじないでしょう。
これらの考えから私のレッスンでは中音域の充実をメインに生徒さんが持っている声を鍛えるということをレッスンしています。
(♭Σ)

広告を非表示にする