ヴォイトレレッスンの日々  

ヴォイストレーニングに関わっている方と、ブレスヴォイストレーニング研究所のトレーナー、スタッフの毎日をとりあげていきます。

藤圭子さんの追悼文

人々の悲しみに寄り添い続けた「怨歌」歌手、藤圭子さん逝く

 可憐な美貌からは想像もつかない、ドスの利いた、それでいてたまらなく悲しげな歌声。日本の歌謡曲の中に「演歌」という、当時としては新しいジャンルを産み出した草分け的な存在として活躍した歌手であり、また若年層からは人気ポップス歌手宇多田ヒカルさんの母として知られ、その活躍は間違いなく芸能界に大きな貢献をしていました。
 しかし、私生活は少女時代から最期にいたるまで、幸せとは縁遠いものだったといわれ、そんな前半生を歌にしたのがヒット曲「圭子の夢は夜ひらく」であったといいます。
 少女時代から孤独で悲しみに耐えてきた分、歌の中身も高度成長の繁栄から取り残された人々の悲しみに寄り添ったものであり、世の中への怨みを歌い上げた「怨歌」として高い評価を受けています。
 それでも、「怨歌」を歌い続けるために、彼女は薄幸であり続けなければならなかったのだろうか?そう考えるとやりきれない気分になります。人にはそれぞれ持って生まれた定めがあるとはいえ・・・
 せめて来世で、藤圭子さんの夢が幸せとなって花開いてくれることを祈るばかりです。 (YD)