ヴォイトレレッスンの日々  

ヴォイストレーニングに関わっている方と、ブレスヴォイストレーニング研究所のトレーナー、スタッフの毎日をとりあげていきます。

歌レッスンの感想

1.片足のかかとに重心をかけての発声トレーニング。
少年時代を用いてのトレーニング。
2.目的:のどの開閉を意識して、自分の声を出すこと
結果:自分の得意な音域では上手く出来たが、高音になると維持できなかった
感想:のどが上手く鳴った時は快感があった。今までは、その声が歌になるとは思っていなかったので、不思議だ。色々な歌手の歌を改めて聴いてみるとのどが鳴っている事に気付いた。今までは、高音の伸び等にのみ注目して歌を聴いてきた事が分かった。
また、今までやってきたトレーニングで頭がいっぱいになりつつあると感じた。一度、全て忘れて、自分の感覚に素直に声を出してみようと思った。
不足点:高音域で自分の声を出す事。最近は、脱力しての発声に注力していたが、下半身の支えを使っての発声もしていきたい。
3.次回への課題
高音域で自分の声を出す事。
少年時代の歌詞、音程を覚える事。
自分の感覚に素直に声を出す事。
ミックスボイスの定着。(HO)

広告を非表示にする