ヴォイトレレッスンの日々  

ヴォイストレーニングに関わっている方と、ブレスヴォイストレーニング研究所のトレーナー、スタッフの毎日をとりあげていきます。

歌レッスンの感想

1.あくびのストレッチ
いいにおいかいでいる感じであくび。あごを落とさない。
筋肉は固めないこと。首の後ろの生え際が動く。
2.「あ」での音階練習
あくびで軟口蓋開けたまま。あくびの向こう側で声がある感じで。
音はつなぐ、レガートに。一音一音バラバラにならないように。
3.ハミング
4.「いああ」での音階練習
「い」が前にならないように。
V字バランスで発声。
V字バランスで出ている良い声を立った時にだせるように!
5.曲練習
・音が徐々に上がるフレーズで、音が上がったところでギリギリになっている。
最初から軟口蓋を開けるか、音が上がるに連れて開けて行くかする。
・声が前になっているので、あくびの向こう側で言うようにする。
ハミングで練習。
・もう少しかぶせる。今はストレートになっている。もっと大人っぽく。
声が浅く直接出すのではなく。
・V字バランスで歌う。
立っている時にまだお腹が使い切れていない。
支えを見つけるのは大変だが、探して行くしかない。高い所はまだ詰まるが高いところはもっと脱力。
高い所以外は良いので一度V字バランスで使ったところを覚えて歌うトレーニングをする。
・絶対にべっちゃっとならない。
・後ろ歩きで歌う。
少し音が抜けたか。
・後ろ歩きでもっと音量小さく歌う。
音を下げない。あくびの筋肉を常に使うよう意識する。
あくびの奥でしゃべる。こぶしが口に入っていて、その向こう側で発声するつもりで。
口が開ききれていない。音をはずしてもよいからもっと開ける。
・ハミングで歌う。 首が前に出ないように。口の奥が開いている感覚を得るように。
声の方向
V字バランスで声が安定したところで立っても歌えるように
一音一音、声がべっちゃっていないか確認してみる。前に出ていないか。
何が違うか確認してみる。
何かがぶつかるような感じは×
・V字バランスで安定した声の感覚を得ることができました。
・口の奥がまだ開けられない。特に高音で声が前に子供っぽくなるので、あくびの状態で且つお腹が使えるようなんとしてもしたいです。(TN)

広告を非表示にする