ヴォイトレレッスンの日々  

ヴォイストレーニングに関わっている方と、ブレスヴォイストレーニング研究所のトレーナー、スタッフの毎日をとりあげていきます。

Q.別の歌の先生についていてもよいですか。

Q.現在、歌の先生についているのですが、そちらのレッスンは受けられますか?

A.私共の研究所では、皆さん、ここの複数のトレーナーのレッスンを受けてもいらっしゃるので、ここのトレーナーは自分と違うやり方をしている人には、どこのトレーナーよりも慣れています。こちらのレッスンについては問題ありません。他のところに所属している方もたくさんきていらっしゃいます。(こちらでは所属は問わず、やプロデュース権については一切関与していません)
 トレーナーをもう一人か二人、アドバイザーにつけることはよいことだと思います。他の面からのアドバイスが受けられて、別の評価、方針も学べるからです。自分自身での判断基準もより、早くより客観的に身につきます。
 ときには先生やトレーナーさんが生徒さんを連れてきたり、預けていくこともあります。
 とはいえ、現実には、その歌の先生に不信感をあたえてしまいかねません。そういうときは、黙っていらっしゃるのもよいと思います。(案外とわかってしまうものですが…)
 トレーナーの役割分担をはっきりとさせるのもよいことです。(このあたり、私の「トレーナーの選び方」を読んでみてください)私は先生もトレーナーも、一人でなく、いろんな人にアドバイスをしてもらっていくのがよいと思っています。そのために複数トレーナーがついたときのメリット、デメリットをきちんとみて、改善するようにプロデュースしているつもりです。