読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヴォイトレレッスンの日々  

ヴォイストレーニングに関わっている方と、ブレスヴォイストレーニング研究所のトレーナー、スタッフの毎日をとりあげていきます。

10)お勧めアーティスト(投稿)

「fantome」宇多田ヒカル

今更ながら、昨年リリースされた宇多田ヒカルさんの新アルバムをきいた。 噂にはきいていたものの、やはり素晴らしい作品だった。 宇多田ヒカルさんのすごいところは、一見すごく見えないところだと思っている。 というのは、聞いている印象と実際に歌ってみ…

名芸男子

声楽とコントのコラボ、瀬戸市のイベントで偶然聞こえてきた歌声に耳をすますと、「千の風にのって」(声楽)だった。思わず足を止めて、聞き入っていると、コントが始まった。そのあとで訪れた工房で、瀬戸焼は陶器と磁器の融合から生まれたという話を聞い…

江戸東京博物館 特別展「大関ヶ原展」

今年は徳川家康公没後400周年。 これを記念し、415年前に勃発した天下分け目の関ヶ原合戦を偲ぶ特別展示が、江戸東京博物館にて開催されます。 参戦した東西両軍の武将所用の武具の他、開戦までに武将同士の間でやりとりされた書状など、スリリングな…

「カサンドラ・ウィルソン」ブルーノート東京

CDではあまり好きになれなかったが、有名なヴォーカリストなので、生で聴こうと来日ライブに行った。バンドはエレキギター、ヴァイオリン、ベース、サックス、ピアノ、ドラムで、複雑な不思議な響き。カサンドラの声はとても低く、柔らかい。ライブ空間が音…

「秋田漣」シャンソン歌手

青森県弘前市在住、ほとんど地元から出たことがなく、津軽言葉でシャンソンや詩の朗読をする。一度生で聴いてみたいと思っていた。ミューザ川崎シンフォニーホールの3/11東日本大震災チャリティ・コンサートのゲストが秋田漣だった。黒のシンプルなロングド…

「うたのチカラ」JASRAC創立75周年記念事業実行委員会著 集英社

この本のなかに、作家の島田雅彦さん、あまちゃんのテーマで一躍有名になった作曲家大友良英さん、ミュージシャンのヒャダインさんが「鼎談 愛されるうた、日本人が本当に好きな歌とは?」が載っています。面白いので歌っている方は是非ご覧ください。外国で…

「ビッグアイズ」

アメリカで実際にあったゴーストペインターの話。夫が妻の描いた絵を自分が描いたと偽り富を築く。偽りに絶えきれなくなった妻が告発し裁判になる。どちらも自分が描いたと譲らずその場で両者がスケッチして決着をつけた。 日本にも同じような事件があったが…

「XXXV」ONE OK ROCK

新しいアルバムです。今までの曲より、ストリングスを入れたりするなど、完成度が高い曲が多い。日本人離れの歌唱力があり、日本語の発声をどのように処理するのかを学ばせていただきます。(SG)

松山千春さん

人生で初めて聴いた千春さんの歌は、「季節の中で」でした。1978年、グリコ・アーモンドチョコレートのCMソングに採用され、これを機に千春さんの人気は急上昇してゆきました。その他に、可愛い歌だなと思った曲に、「七つ違い」という曲があります。「七つ…

「マッサン」

NHK連続テレビ小説「マッサン」 主演:玉山鉄二このドラマにつき、感ずるところをまとめてみたい。マッサンには、スコットランドで本場のウィスキー製造技術を学んできたという強い自負がある。しかし、それは彼の強みでもあり、弱みでもある。マッサンは本…

「フューリー」

フューリーは戦車の名前。ブラッド・ピット主演。戦争映画だからドンパチしていました。もうちょっとのところでナチスをやっつけるブラピの英雄物語になりそうなのを抑えつつも、戦争の酷さ、理不尽さ、人を殺せなかった(普通で当たり前なのだが)新入りの…

「15th Anniversary Mai Kuraki Live Project 2014 BEST」倉木麻衣

「15th Anniversary Mai Kuraki Live Project 2014 BEST」倉木麻衣 単独ライブ300回目のプレミアムライブ。音楽性だけでなく、舞台なども壮大で観ても聴いても楽しめるライブでした。(KM)

The Bawdies

声とビジュアルのギャップに驚いた。(IY)

「甲斐栄次郎」

親子で楽しむバリトンコンサート。昨年まで10年間ウィーン国立歌劇場の専属ソリスト歌手だったという本人は「自分も二人の子供がいて、この子たちに聴かせてみたいと思ったので、このコンサートは夢でした。お子さんの泣き声は全く大丈夫ですし、普段外に出…

ジェイソンムラーズ

オーチャードホールでのジェイソンムラーズライブ鑑賞です。(TN)

「ネマニャ・ラドウロヴィッチ 」

ユーゴスラヴィア出身パリ在住の若手ヴァイオリニスト→ピアノとの共演だったが、立って演奏するだけで視線が離せない。集中して最後まで鑑賞していることができた。舞台装置やトーク等の演出もないのに演奏だけで魅せられるところがすごいと思った。正直言っ…

「ギター弾きの恋」

ウッディアレンのジャンゴを題材にしたドキュメンタリータッチの映画音楽が好きになれる映画 (TU)

神奈川県平塚市真田天徳寺 与一堂建立イベント

神奈川県平塚市真田天徳寺 与一堂建立イベント(9月20日(土))平安時代末期、源頼朝に従って平家討伐に当たった武将の一人、与一といっても、屋島の扇の的で名高い那須与一ではない。それより前、頼朝旗揚げの初戦石橋山の戦いで先陣を務めるも、25歳…

歌姫・島倉千代子さん逝く

歌姫・島倉千代子さん逝く「ほうせんか」、「東京だよおっかさん」、「人生いろいろ」などの曲をヒットさせ、生真面目な人柄でCMやバラエティ番組で笑いを巻き起こしていた歌手、島倉千代子さんが、11月8日に亡くなりました。ネットのニュース記事で、死…

「ファドライブ」月田秀子 お勧め

今までシャンソンのライブハウスで聴いたファドとは全く違いました。強く訴え、押し付けてくるようなものは全くなく、ただそこに悲しみが立っていました。「あなたにはあなたの悲しみがある。私には私の悲しみがある」と語る彼女の歌の底に悲しみの根っこが…

「アマリア・ロドリゲス 」CD お勧め

「アマリア・ロドリゲス 」 初めて聴いた時は柔らかい声と思いましたが、スタジオを借りて大音量で聴いてみたら、とても印象に残る声でした。強く押し付けないから、柔らかく聴こえたのだと思いました。音の跳躍に不自然さがなく、「ラララ」だけで歌っても…

お勧め 映画

「ビルカニンガム&ニューヨーク」NY在住82才のファッション・カメラマンのドキュメンタリー。セレブか一般人かに拘らず、そのファッションが面白いか魅力的かという自分の感性に正直に、NYのファッションを収め発信し続けている。表現(写真、ファッション…

「NHK WORLD 」(インターネットストリーミング放送)

「世界の中の日本」、「英語を話す」という2つのことが分かる番組。日本が世界に向けてアピールしたい文化的、政治的なこと、世界の中での日本のポジションが分かり面白い。日本国内向けの放送には無い魅力だと思う。また、放送ではネイティブ、非ネイティブ…

宮本武蔵「五輪書」 お勧め

宮本武蔵「五輪書」 水の巻「「兵法の身なりの事」」 ここには、武道(兵法)における姿勢の基本が記されていますが、その中でも発声、発音にも役立つポイントを列挙してみました。(1)鼻筋を真っ直ぐにする。(息の通り道)(2)下顎(おとがい)を少し…

藤圭子さんの追悼文

人々の悲しみに寄り添い続けた「怨歌」歌手、藤圭子さん逝く 可憐な美貌からは想像もつかない、ドスの利いた、それでいてたまらなく悲しげな歌声。日本の歌謡曲の中に「演歌」という、当時としては新しいジャンルを産み出した草分け的な存在として活躍した歌…

「I don't want to miss a thing」 お勧めCD

Aerosmith映画「アルマゲドン」のテーマ曲です。壮大なイメージがあり、ドラマ性を高めるため、テレビでもBGMとして使われることが多い曲です。ただ、イメージとは違い、ただ単に歌うだけでは薄っぺら意曲になりがちで、表現が難しいです。Aerosmithが歌うも…

「セデック・バレ 」 お勧め映画

日台合同製作。戦前の植民地支配があったときの台湾で起きた霧社事件(多くの日本人が台湾先住民に殺害された事件)を題材にしている。視点が複合的でそれぞれの立場の苦悩が丁寧に描かれていると思う。主な出演者がプロの俳優ではないのにもかかわらず非常…

「音楽の基礎」芥川也寸志 お勧め本 R

音楽の知識がほとんど無い私でしたが、音楽の入門書として最適でした。静寂は音楽の基礎であるという所から入るのも新鮮でした。途中、難しいところもありましたが、次は楽典を読もうと思わせてくれた良書でした。(HO)

「未来」長渕剛さん お勧めCD R

自分は以前から、長渕さんのファンクラブに入っており、蔭で長渕さんを「アニキ」と読んでますが、久しぶりに「アニキ」の新曲に泣けました。仲間由紀恵さん主演のドラマの主題歌としてリリースされた曲で、辛い過去を、明るい未来へのエネルギーに変えて、…

「 STAIRWAY TO HEAVEN」LED ZEPPELIN お勧めCD

リコーダーが効果的に入り、楽器やヴォーカルすべてのパートがとても美しい曲です。特にギターソロが神がかったメロディです。このヴォーカリストは後々声が出づらくなってしまったらしいですが、バンドでここまで優れたものを残せたならそれはそれで正解な…

「100分de名著」 TVお勧め R

確かに100分では無理がありダイジェストでありサーッと通りすぎて行くだけになってしまいます。しかし昔、苦労して読んだ書物の復習になり、そういう意味だったのかと今頃になってわかったりします。最近ではフランクル「夜と霧」・夏目漱石「こころ」・「老…

『体を割って使う』武術  お勧め<その他>

武術研究家 甲野善紀師範の『体を割って使う』武術 既に相手の剣で手元を封じられ、通常なら対応ができない危険な状態にもかかわらず、師範の腰から抜けた刀は何の妨げにも遭わず、スラリと抜けたかと思った瞬間には、逆に相手の正中線を斬っている。師範曰…

「カルテット人生のオペラハウス」 お勧め映画

以前に「題名のない音楽会」で紹介されていたヴェルディがミラノに作った音楽家達の養老院にヒントを得てダスティホフマンが監督をした。映画の養老院は林等がある広い素敵な庭があり、建物も立派で食事が美味しそう。お金持ちが入れる養老院だ。認知症があ…

「島の先生」 お勧めTV

NHK土曜ドラマ「島の先生」 仲間由紀恵主演 鹿児島県奄美諸島の美宝島の学校には、各地から問題を抱えた子供たちが留学してきます。都会の学校で、受験や、人間関係に悩み、傷ついた子供たちです。そんな子供たちは、里親の文三(石坂浩二)の家で生活し…

「桂歌丸独演会 」 お勧め

さらっとしていて、テンポよく、聞きやすかったです。余計なことを考えずに最後まで聴けたのは、芸の力だと思います。素直に楽しかったです。「紙入れ」のおかみさんのくだりは、女性の表情・しぐさに見えました。「ねずみ」は最後の下げをちょっと言いよど…

「モーツァルト・マチネ 」お勧め

ミューザ川崎で年4回土曜日の午前11時開演のコンサート。モーツァルトの曲を東京交響楽団メンバープラスゲスト演奏家で。午前中1時間15分のコンサート、一回3000円。クラシック門外漢にも敷居が低く、気軽に行ってます。4/14のゲストは歌手でした。ソプラノ…

お勧め<CD> R

<CD> 「エッセンシャル」トニーべネット鮮やかな声だと感じます。とてもはっきりしていて、世界を切り開いていくような感じがします。(KR) 「ENTER SANDMAN 」METALLICAJPOPしか聞いたことがなかった時代にいきなりこれを聴いて衝撃を受けました。イ…

お勧め BOOK R002

TUさんとMOさんのお勧めです。 <BOOK> 「 犬も平気でうそをつく」スタンレーコレン犬にリズム感があるのかないのかは、ちょっと音楽がらみかも。犬に爆音を聴かせ続けると難聴になるらしいので、気をつけましょう。(TU) 「奇跡の脳 」新潮文庫脳卒中にな…

お勧め 華原朋美さん R001

FZさんのお勧めものです。 NHK「songs 」華原朋美さん 自分を歌姫に仕立ててくれCDの売り上げも上がりNHK紅白にまで出場したのにその大物プロデューサーに失恋した。自分の力で仕事をしていかなければならなくなり方向を見失い不安を精神安定剤ゆ睡眠薬…