ヴォイトレレッスンの日々  

ヴォイストレーニングに関わっている方と、ブレスヴォイストレーニング研究所のトレーナー、スタッフの毎日をとりあげていきます。

08)トレーナーのアドバイス

今日のトレーナーのメッセージ

高い音に移るときに、軽く首を後ろに倒すことを試しました。喉が開いて息がよく通るのと、首の後ろの力が抜けるので、柔軟性の高い声が出やすくなります。「今日は歌いにくいな」と思ったら試してみて下さい。(♯∂)

今日のトレーナーのメッセージ

響きに逃げずに、息を強く吐けるようにしていきましょう。息を吐くときにおなかを使う。吐ききると入ってくる。入ってくる息は背中に入ります。だから息が入るときに背中を丸めないように。(♭∴)

今日のトレーナーのメッセージ

日本語の舌の使い方とアルファベットの舌の使い方はかなり違います。舌の位置、使い方で発声は大きく左右されますので研究していきましょう。(♭Σ)

今日のトレーナーのメッセージ

自主トレは、体や喉と相談しながら、無理のない程度に、可能ならば毎日実施しましょう。あくびの練習も、なるべく頻繁に取り組みましょう。(♭Ξ)

今日のトレーナーのメッセージ

いい声です。上の音域を広げつつも、低めの声を鍛えていきましょう。普通に出される声が良いのに歌おうとすると力んでしまうのがもったいないです。(♭∴)

今日のトレーナーのメッセージ

高音域は、いきなり太くしようとせずに、まず、安定して出せるようにしていきましょう。(♭Ξ)

今日のトレーナーのメッセージ

「歯を閉じる+鼻をつまむ」は発声、歌詞朗読どちらもちゃんと効果が出ています。普段の練習もライブ前もぜひこの方法を活用してください!(♯α)

今日のトレーナーのメッセージ

詩の朗読は主人公が分かりやすく書いてありますので その植物、動物になったつもりで気持ちの面も表現してみましょう は行、さ行、ら行の変換が少し練習が必要そうですので頑張ってください(♭Ц)

今日のトレーナーのメッセージ

息を吸うとき、鼻からも空気を入れてみましょう。あくびをかみ殺しているときや、いい香りを嗅いでいるいるときの、鼻と喉の奥の感じです。(♯∂)

今日のトレーナーのメッセージ

高音域へ向けて、じゃんけんしながらは発声すると、よりいい状態になっていました。曲では、前半の低い部分は語るイメージ、サビからは朗々と歌うようにするといいと思います。ピアノをできるだけレガートを意識して、切れ目を少なくすると、より演奏効果が…

慣れる

世の中には、器用なタイプの人もいれば、不器用なタイプの人もいると思います。何かを習得するためには、それが当たり前のようにできるようになるまで慣れることが必要です。自分も不器用なタイプなので、器用な人がすんなり体得するのはうらやましい限りな…

今日のトレーナーのメッセージ

呼吸のトレーニングにご興味がおありとのことでしたので、最初にいろいろな呼吸トレーニングをまとめてやりました。すべてやっても10分程度ですので毎日取り組んでいただければと思います。(♯α)

今日のトレーナーのメッセージ

.「鼻をつまむ」は子音M、Nでもポジションを整えるのに効果的のようです。次回も他の発音で試してみます。(♯α)

今日のトレーナーのメッセージ

ブレスをゆったりととることと、「ウ」の練習の時に口先を開けすぎないように発声すると、いい声がたくさん出ていました。後半、とてもよかったので、この感覚に慣れていきましょう。(♭Я)

今日のトレーナーのメッセージ

イとエとの母音が苦手とのことでしたが、舌を持ち上げ、舌の両サイドを歯の内側に付け、舌根を口蓋と紙一枚のところまで持ち上げて意識していただきましたところ、とても明瞭な母音の音声になったと思います。更に高い音では、口蓋をもっと上げて、息を流し…

今日のトレーナーのメッセージ

今日のロングトーンのメニュは、あまりがんばり過ぎないように気を付けて、適度に自主トレしましょう。(♭Ξ)

今日のトレーナーのメッセージ

歌いこんでいる曲なので発音もメロディもとてもなめらかですね。今日はもう一歩進めて、息の流れとラインというものを意識してみました。まっすぐな息でまっすぐ歌うということは一見平坦に思えるかもしれませんが、歌の大切なところだし、身体に響く声にな…

今日のトレーナーのメッセージ

歌手の好み、声種、得意な作品の違いで声のフォーム、体、発声は違います。すべての歌手がみな同じ発声をしているわけではありません。自分にとって必要なものをいろんな歌手からインスパイアされていけばいいかと思います。(♭Σ)

今日のトレーナーのメッセージ

周りからの好評価や喉の疲労が軽減したことは、(意識の持ち方はもちろんですが)息がより流れるようになっているからだと思います。(♯α)

今日のトレーナーのメッセージ

テキストについて難しい言葉で書いてありますが、自分が実践しているものと比べて確認をするといった感じで進んでいきましょう また、朗読は書き手の意図をよみとり、行間、句読点を意識して読んでいきましょう。(♭Ц)

今日のトレーナーのメッセージ

いつも強く息を吐いて歌い始める練習をやっていましたが、しっかりできてきたので、今日はため息のようにそっと息を出して歌い始める練習をしました。そっと始めても、しっかりお腹で支え続ける作業は同じです。実践でも歌い始めに使えるやり方だと思います…

今日のトレーナーのメッセージ

曲はピアノの負担が減ってくると楽になると思います。小分けにしながら少しずつ練習してみてください。曲を歌う時は、低音部はセリフだと思って声を出した方がいいと思います。(♭Я)

今日のトレーナーのメッセージ

ブレスはあくびをするつもりで、息を吸う音をさせながらたくさん吸ってください。その瞬間喉の奥にピンポン玉くらいの綿あめをおきましょう。綿あめがつぶれないように喉の奥をあけたまま声をだします。(♯γ)

今日のトレーナーのメッセージ

まずフーッと長く息を吐く、次に同じように吐きながら喋る、うまく行かなかったらまたフーッと息を吐く、という風に繰り返して練習してみて下さい。だんだん、息に乗せて喋る感覚がつかめてくると思います。(♯∂)

今日のトレーナーのメッセージ

高めの音は声が出しやすいと明確に実感されたのは良いことです。普段から少しずつ意識してポジションを上げてみてください。

今日のトレーナーのメッセージ

ブレスの際に、口を縦に開いてできるだけゆったりととることができると、出てくる声が余裕のある状態に聞こえていました。ブレスで口が狭くならないことに慣れていきましょう。(♭Я)

今日のトレーナーのメッセージ

首の後ろや背中、肩甲骨が固いのが気になりました。体の左右のバランスと口蓋を上げることを気を付けただけで高い音が安定してでましたね。この体の使い方に慣れていただければいいなと思いました。(♯β)

今日のトレーナーのメッセージ

以前よりも安定して高い位置で声が出るようになりました。よい傾向です。自信を持って継続できるようにしましょう。(♭й)

今日のトレーナーのメッセージ

ご自身で作られたテキスト素晴らしかったです。間や声の音色がよく研究されていて目をみはりました。せっかくなので、この機会に間の取り方をいろいろと研究してみましょう。きっとこれからの表現の土台になると思います。(♯ё)

今日のトレーナーのメッセージ

声帯をしっかりと合わせる、逆に開いてみる、厚く合わせる、薄く合わせるなど、イメージを変えてトレーニングするだけで、声帯周辺のトレーニングになりますので訓練してください。(♭Σ)