ヴォイトレレッスンの日々  

ヴォイストレーニングに関わっている方と、ブレスヴォイストレーニング研究所のトレーナー、スタッフの毎日をとりあげていきます。

08)トレーナーのアドバイス

今日のトレーナーのメッセージ

ア行と、それ以外の行を比較しながら練習しました。子音があると声が出にくくなりますが、これは余計な口の動きが増えるからです。最低限の動きでシンプルに子音を出すように意識することと、なるべくア行に近づけることを心掛けてみましょう。(♯∂)

今日のトレーナーのメッセージ

ハミングの自主トレを増やしましょう。ご自分の声が、少し反響する場所で、自主トレしましょう。(♭Ξ)

今日のトレーナーのメッセージ

標準語のアクセントについては、練習してこられた成果が表れていて、とても良くなりました。今日は次の段階として、人前で少し大きめの声で喋るときの体の使い方をやってみました。先に息を流してから声にすること、喉が上に上がってこないようにすること、…

今日のトレーナーのメッセージ

目標としては、「鼻声にならない声」というのを目指していきましょう。鼻をつまんで、飛行高度を上げ過ぎず、胸の振動を感じながら、遠くの人を呼ぶようなイメージで発声していただくと、とてもいい声が出ていました。これに加えて、お腹はややへこみながら…

今日のトレーナーのメッセージ

はひとつひとつ音符にカタカナをつけるのではなく、あくまでもイタリア語の単語としてとらえてください。音をつけずに一度読んでみてください。 テンポも今日やったように動くところがあります。(♯γ)

今日のトレーナーのメッセージ

ブレスは口からでも鼻からでもかまいません。その時の表現や言葉の多さでも変わってきます。ただ、発声の前のブレスはとても重要なのでトレーニングとしては確実にやっていきましょう。(♭Σ)

今日のトレーナーのメッセージ

後ろに手の平を当てて意識すると、「身体の踏ん張り」が息にも声にもちゃんと反映しています。次回はもっと曲の時間を多めに取りたいと思います。(♯α)

今日のトレーナーのメッセージ

今日は姿勢と呼吸についてでした 特に姿勢は大切なので常に自分を見つめ返し、声を出すのに良い姿勢か考えてみてください 呼吸もより深くできるようになることでコントロールができてきますので練習していきましょう(♭Ц)

今日のトレーナーのメッセージ

言葉の中で音域を広げるということに前回から取り組んでいて、どんどんスケールの大きな空気が出来上がっていますね。呼吸や発声練習はそのテクニックをコントロールするためのものなので、生かしていきましょう。細かいところでは、サ行の発音に少し注意し…

今日のトレーナーのメッセージ

鼻腔が調子悪いこともあって分かりにくいというか感じにくい事もあったかと思いますが、調子が悪い時に意識してやるのも大切なことなので腫れているところを目指して声を響かせていきましょう。(♯Δ)

今日のトレーナーのメッセージ

お腹から息を送ることが加われば、簡単に大きな声が出ますし、喉も疲れなくなります。声と腹式呼吸を結びつける勉強を一緒にやっていきましょう。(♯∂)

今日のトレーナーのメッセージ

今日は呼吸練習と、声のトレーニングのポイントをレッスンしました。特に声のトレーニングは、割れたりしない声・音域で、きれいな声で、無理のない程度に繰り返し自主トレしましょう。(♭Ξ)

今日のトレーナーのメッセージ

一つ一つの音を抑えずにのびやかにレガートで歌っていけるように練習していきましょう。今日は喉のお疲れもあるとのことでしたので、なるべく喉を柔らかく、押さえつけずに息を流して発声していただきましたが、これで十分聞こえるし、音声的に美しいと思い…

今日のトレーナーのメッセージ

こえはよく出ておりますが、フレーズの最後の音程がぶら下がる傾向が見られます。支えと息の流れをしっかり意識しましょう。リズム唱ができておりますので、音程をつけてみてください。(♭й)

今日のトレーナーのメッセージ

顔の筋肉を使い5つの母音をより明確に発音していくトレーニングをしました。スポーツのように少しずつ温めながら顔の筋肉をほぐしていきましょう。単語のアクセント、いろいろあって考えさせられますね。

今日のトレーナーのメッセージ

胸、みぞおち、おなか、口のリラックスを大事にしましょう。お腹から息をたちあげるためには体が硬直してしまうのは、あまりよくありません。音の進行が遅くなるのも力みやすくなる一因なので注意してください。(♭Σ)

今日のトレーナーのメッセージ

最初の頃に比べて吐く息がしっかりしていること、身体の余計な動きが減っていること、鼻をつまむと以前より声が安定すること、これらははっきりと変化が出ています。(♯α)

今日のトレーナーのメッセージ

お腹は動き出してはいるが、途中で止まってしまうのでお腹を動かし続ける練習をしてください hahhの練習をしてください 声はよくなっていますのでその調子で頑張ってください(♭Ц)

今日のトレーナーのメッセージ

案外リズムが難しいですね。楽譜を読んでもピンとこない部分は、耳から覚えた方が早いと思います。今日は高い方も難なく出ていました。前歯でしっかり噛むと、喉の奥が勝手に開くので、声がうまく出ないときはペットボトルの蓋を噛むのを試してみて下さい。…

今日のトレーナーのメッセージ

お腹がへこみながら持ち上がっていくように使うことと、発音の位置がいつもよりも少し奥側で行われているイメージの時に、いい状態が増えてきましたので、この感覚に慣れていきましょう。(♭Я)

今日のトレーナーのメッセージ

発声では普段出さないような声ばかりで疲れたかもしれませんが、ナイストライでした。ご自分の絵を描くキャンバスを大きくしていくような気持ちで広げていきましょう。テキストの中でも「音域」を着実に広げていけましたね。(♯ё)

与えられた課題に真摯に取り組む

上達が早いと感じる人の特徴を見ると、物事に対して真摯に取り組んでいらっしゃると思います。自分自身の価値観で選り好みをせず、今ある課題について積極的に取り組むことを怠らないのです。トレーニングの過程として、「これがなんの役に立つんだろう」と…

今日のトレーナーのメッセージ

今日も喉の状態も良く、発声練習もまずまず。コンクールの曲頑張りましょうね! 次回もコンクールの曲とコンコーネやります!(♯Δ)

今日のトレーナーのメッセージ

子音で息を大量に漏らすような音ではなく、下の付け根だけで軽くはじくような音です。ここで息を無駄遣いせず、母音の「e」でたくさん息を送り込むようにします。古典音楽は基本的に一拍目にアクセントがあり、作曲家はそこに言葉のアクセントが来るように書…

今日のトレーナーのメッセージ

口の形としては、下の前歯が下がって、ほっぺたが伸びているイメージをしていただくと、とてもよくなりました。そして、ブレスを「サン・ハイ」と」カウントしながらとることで、やりやすくなっているようです。片足の練習は大変だったと思いますが、力みが…

今日のトレーナーのメッセージ

吸気でおなかを膨らますよりも持ち上げてみましょう。そのほうが声門閉鎖がおこりやすいです。息がもれやすいので閉じる訓練しましょう。(♭Σ)

今日のトレーナーのメッセージ

スタッカートでは、少しずつ成果が見えてきました。曲を歌う声にも反映できるように、無理せずがんばりましょう。(♭Ξ)

今日のトレーナーのメッセージ

コンコーネ11番のもっとも高い音は2点Fでファの音です。高音を比較的楽に出す場合はクレッシェンドを上手く使いだしていくといいです。(♯γ)

今日のトレーナーのメッセージ

肩甲骨や背中の力み、硬さは声に直結します。デスクワークなどが続くと筋肉が固まりやすくなります。よくほぐしてください。(♭Σ)

今日のトレーナーのメッセージ

「息をしっかり吐く」ことが安定して行えています。息の練習はちゃんと声に影響していきます。(♯α)