ヴォイトレレッスンの日々  

ヴォイストレーニングに関わっている方と、ブレスヴォイストレーニング研究所のトレーナー、スタッフの毎日をとりあげていきます。

08)トレーナーのアドバイス

今日のトレーナーのメッセージ

マメミモムの発声の時、ほとんどの方はウの声の出し方が、平べったくなってしまいます。 今日はウの声の出し方がオの延長を意識しとても良くでていました。(♯γ)

今日のトレーナーのメッセージ

発音の位置を胸のあたりまで下げて、口は鼻の下が伸びる状態をキープできると、とてもいい声が出ていたように思えます。体は疲れると思いますが、この感覚に慣れていきましょう。(♭Я)

今日のトレーナーのメッセージ

語尾は気をつけていらっしゃるだけあってとても美しく歌えていますので、その前の曲の盛り上がるところ、フレーズとフレーズのつなぎ目も 丁寧に歌ってみましょう。(♯β)

今日のトレーナーのメッセージ

曲の中で歌い難い高音域は、頭頂などを、うまく活用してみましょう。(♭Ξ)

今日のトレーナーのメッセージ

無理のないミックスヴォイスで出ているので、この発声練習の感覚が歌につながってくると良いと思います。(ずいぶんつながってきていますよ。)リズムの取り方、発音などなどどんどん自然にできていますので、この調子で身体に取り入れていきましょう。(♯ё)

今日のトレーナーのメッセージ

コンコーネ、最初は悪くないけれども、曲の後半にスタミナが切れる感じは否めませんでした。喉に問題はなく身体の疲労でしょうね。できるだけ身体を休めてください。次回もやりましょう。音楽的表現をテーマにします。(♯Δ)

今日のトレーナーのメッセージ

腹式呼吸には、吐くときにお腹をへこませるやり方とへこませないやり方があります。どちらでも歌は歌えますが、一番強い声が出るのがへこませない方です。ここぞ!という時に使えるよう、試してみましょう。(♯∂)

今日のトレーナーのメッセージ

maはよくなっています ほかの母音、ほかの子音のときも同じようなクリアな音を目指して練習してみてください 首、手などのりきみも少し改善はしてきていますが 硬くなりやすいので、リラックスして時々ストレッチを入れて練習してみてください(♭Ц)

今日のトレーナーのメッセージ

体を目いっぱい使って声を出しましょう。無理をするのではなくて、息を吐くところから声につなげるということです。(♭∴)

今日のトレーナーのメッセージ

今日は長めのフレーズを、ブレーキかけずに読む練習をお願いしました。この読み方で練習していくと、より実践的になっていくと思いますし、単語だけだとわからなくなってしまうものが、まとまりの中で処理しやすくなっていくと思います。フライング気味で読…

今日のトレーナーのメッセージ

マの声を出す時、喉の開け方はモの時と変わりませんが、口角を上げることを意識すると、平べったい声になってしまいます。喉と口角、両方意識しましょう。(♯γ)

今日のトレーナーのメッセージ

「歯を閉じる」はより効果を上げるためにも、唇を横に引かないで行っていけるとさらに良いです。また次回、同じ方法でタ行の続きを行います。(♯α)

前向きに楽しみながら取り組む

何かを上達するためには、時として苦しい時期があるかもしれません。不思議なことに、ある節目節目で必ずといっていいほど壁が現れます。その壁をどうやって乗り越えるのかということが、その先に進めるか否かの分かれ道です。壁ですから、一見するとつらい…

ブレスについて

呼吸のことに関しては、近年では、発声から健康法に至るまであらゆる視点で取り上げられるようになってきました。一概に何がよくて何が悪いというのではなく、それぞれの視点で何を重要視するかによって、どの呼吸法を取り入れるのが適切なのかが分かれると…

今日のトレーナーのメッセージ

音のエネルギーを減らしその代わりに息のエネルギーで読んでいただきました。この技術を習得すると喉にかける負担が少し減らせると思います。(♯β)

今日のトレーナーのメッセージ

長唄もう少しです。もう少しで違う世界が見えます。(♭И)

今日のトレーナーのメッセージ

強調の種類の説明と実践を行いました。無意識に身についているテクニックだと思いますが、無意識にしていることを意識的に確認する作業と思ってみてください。会話や文章の目的を考えると自然にキャラクターが変化するのは見事ですね。この調子で基礎の再確…

今日のトレーナーのメッセージ

おなか広げて、広げたまま息を吐くトレーニングを毎日練習してみましょう。筋肉を固めて押し広げずに、風船がおなかの中で膨らんでいるような感覚、弾力性のある広げ方で行ってください。背中も膨らませます。(♯β)

今日のトレーナーのメッセージ

体を柔らかく使うための体操と、高い声を出したいときの息の吸い方と、お腹の筋肉の使い方をやりました。お腹の使い方が分からなくなったら、膝を開いて腰を落としてみましょう。自動的に必要な力が入ります。(♯∂)

今日のトレーナーのメッセージ

ブレスがもっと深く吸えるとさらに良くなると思います 肩が上がらないように気を付けましょう また、手に力が入ってしまうので意識的に手に力が入らないように 時々、手を揺らしたりしてリラックスして声を出しましょう(♭Ц)

今日のトレーナーのメッセージ

呼吸のトレーニングは、呼吸筋をつけるトレーニングでもあります。これがついてくるとしなやかに声が出せると思うのですが、その筋肉をつけるには呼吸のトレーニングをするしかありませんので、時間をかけて日々取り組んでいきましょう。(♯β)

今日のトレーナーのメッセージ

フレーズのまとまりを意識するとやりやすくなる部分が増えてくると思います。色々実験しながら、パターンを見つけていきましょう!(♭Я)

今日のトレーナーのメッセージ

ステージに立った時、Zの方向にゆっくり見まわしましょう。それから正面をみます。そして始めます。こうなりたいという人真似をしてみるのも手です。(♯γ)

今日のトレーナーのメッセージ

発声の前の呼吸で、次の表現や声色は決まります。呼吸のトレーニングで体と連動することに注意をもってください。胸郭や胸の位置などを気を付けながらトレーニングしてくださいね。(♭Σ)

今日のトレーナーのメッセージ

素直な(こもらない、奥まらない、鼻にかからないetc.)声が増えていますね!頭を動かさない(大仏のように)、唇を横に引かない、この二つを意識するとどの取り組みも効果がより上がっていました。(♯α)

今日のトレーナーのメッセージ

今日は、アクセントを中心に理解・トレーニングしました。普段の会話で自然に発しているアクセントだと思います。ほぼすべて適切なアクセントで発音できました。時間のあるときに復習してみてください、また日々接する言葉の中にも高低を意識してみるとよい…

今日のトレーナーのメッセージ

発声も少しずつ安定してきました。歌は、最高音が続くところで声がひっくりかえってしまうけれど、そこは気にしないで、それ以外のメロディをしっかり歌うことを心がけてください。後半は良く歌えてました。(♯Δ)

今日のトレーナーのメッセージ

しっかり聞かせたいところは、子音の勢いに頼らず、まず母音だけできっちり鳴らしましょう。それが出来てから子音をトッピングするぐらいのつもりで。最後の長い音は、伸ばしながら何度も「あ」と言い直すような感覚で、常に新たなエネルギーを送り続けて下…

今日のトレーナーのメッセージ

アやオの発音の時に舌根がやや上がりやすくなっていると思います。ブレスの段階で舌根が平らな状態を準備できると、もう少しやりやすくなると思います。徐々に慣れていきましょう。(♭Я)

今日のトレーナーのメッセージ

日本語の童謡などはなるべくレガートで歌うようにしましょう。日本語は一つの音に一つの言葉が入ってくるので単語や文章として歌うのが難しいです。レガートをトレーニングしていきましょうね。(♭Σ)