ヴォイトレレッスンの日々  

ヴォイストレーニングに関わっている方と、ブレスヴォイストレーニング研究所のトレーナー、スタッフの毎日をとりあげていきます。

08)トレーナーのアドバイス

努力と才能

努力と才能はどちらが大切でしょうか。世の中には一度聞いただけで完璧に再現して芸術的に歌うことができる人もいるし、私のように飲み込みの遅い、不器用なひともいます。私もコンプレックスの塊だったのですが、昔ヨガの先生に聞いた話に救われたことがあ…

今日のトレーナーのメッセージ

単語や文章を、ゆっくり発音する自主トレで、声の粒をそろえていきましょう。(♭Ξ)

今日のトレーナーのメッセージ

発音の場所が前過ぎるとどうしても高音へのアプローチが難しくなります。もともと高い音をもっている人はいいのですが、そうでない人は声が回る道を考えなければいけません。(♭Σ)

今日のトレーナーのメッセージ

「前屈のとき高い声が出しやすかった」という感覚はとても良いです!そう感じたときは起き上がっても必ず歌いやすさがアップします。(♯α)

今日のトレーナーのメッセージ

肩や首に力が入りがちなので動かしながら歌っていただきました。息を吸うときに、肩や首に力が入っていたので、息を吸うときにはあまり吸おうと思わない方がいいと思います。息を吐き切って、自然に入ってくる分だけの息を意識してみてください。(♯β)

今日のトレーナーのメッセージ

ハミングとあくびも、日々の自主トレ項目に加えていきましょう。(♭Ξ)

今日のトレーナーのメッセージ

歌はいつでも表現が先にあります。今日の歌だと一番初めにかなりメッセージの強い歌詞があるので雑にならないようにしましょう。(♭∴)

絶対はない

ヴォイストレーナーが指導するときに決まり文句のように眉間に皺をよせない、姿勢、肩を上げないなどの話が出てきます。これは正しいです。しかし絶対でしょうか。私はこれまで、歌い手としてだけでなく、指導者としてのスキルをあげるために多くの本や参考…

今日のトレーナーのメッセージ

音を一つ一つ階段状に捉えず、レガートで流すように歌っていただきました。このレガートが、曲を素敵に聞こえさせるコツの一つではないかと思います。(♯β)

今日のトレーナーのメッセージ

50音交錯表が以前よりスムーズに言えるようになりました。引き続き体を使って息を流すことを意識しましょう。(♭й)

今日のトレーナーのメッセージ

ロングトーンは、お腹も適度に使って、充実した声が出せるようにしていきましょう。(♭Ξ)

今日のトレーナーのメッセージ

一音ずつお腹を使ってマルカートで歌う方法と、同じ音型をレガート歌う方法は、セットで練習してみて下さい。一音ずつ送るパワーの総量と、ひとフレーズつなげて歌うパワーは、同じぐらいの大きさです。フレーズが最後まで歌えないときは、歌い始めのエネル…

今日のトレーナーのメッセージ

いつもに比べて、顎が上がりやすくなっていたり重心の位置が上がりやすかったりといった状態になりやすかったのですが、片足立ちや全身で皮膚呼吸するようなイメージでやっていただくと改善されてきました。(♭Я)

今日のトレーナーのメッセージ

ブレスをした瞬間に全てが決まります。喉のポジション、響かせる場所です。声を出す前のブレスを特に気をつけましょう。(♯γ)

指導者とプレイヤーの両立

トレーナ―である私と歌い手としての私がいるのですが、歌い手としての私には絶対的に正義と信じる声があります。この発声以外は自分自身は歌い手として考えられないと思っています。それを目指し、より高みを目指すことが私の歌い手としての精進の一つ道だと…

今日のトレーナーのメッセージ

声を支えるために、前歯に声をあてていきましょう。しかし喉や口は広く保ってほしいので下あごや唇は下げる訓練も同時に行ってください。(♭Σ)

今日のトレーナーのメッセージ

発声、曲を歌うことは、声優含め声を使う様々な場面で役立つことと思います。声優の学校もぜひ楽しく頑張ってください。(♯α)

今日のトレーナーのメッセージ

腹式はときどき、お腹のマッサージなどをして、息が入りやすくしてあげましょう。 姿勢について、どうしてもがんばろうとすると首が前に出てしまいますので気をつけましょう。 また、改善はされてきていますが、時々舌が硬くなるので注意しましょう。口の中…

オクタビストの声

ロシア人は、ドイツ人のようにとても背の高い人々が多い印象があり、身長が高いから(声帯が大きいので)、そんな超低音域が出せるのだろうと、以前から当たり前のように思っていました。これまでに共演したことのあるオペラ歌手でも、低音の立派なバス歌手…

今日のトレーナーのメッセージ

口の開き方が縦になるようにきをつけましょう。息吐きのトレーニングでは、首の筋肉を全く動かさずに呼吸ができるようになっていましたね。お腹の意識をするだけでだいぶ良くなったと思います。(♯β)

今日のトレーナーのメッセージ

力みが多いと思われるときは手首を振ってみると自覚でき、少しずつ力みを解放できます。(♯α)

今日のトレーナーのメッセージ

たくさん息を吸って、全部吐き切ること。これができれば、それだけでいい声、大きな声が出るようになってきます。ただ声を出すだけでは固くなってしまうので、体を動かしながら声を出してみて下さい。体を大きく動かせば、つられて声がでます。その「勝手に…

今日のトレーナーのメッセージ

フレーズの最後まで、支えを保つようにしましょう。ペンキで色を1回で塗る、あるいは習字の一筆書きのようなイメージでフレーズを歌ってみてください。(♭й)

今日のトレーナーのメッセージ

調子の悪いときは無理をしないのが鉄則ですが、ハミングと口笛は調整に私も使います。リズム遊びは楽しかったですね。「ノリ」で覚えていきましょう。(♭∴)

声の正解

音楽や声の世界だけにかぎったことではありませんが、正解が多すぎて目指す方向で迷う人が多いように感じます。私も多くの人にたくさんのことをアドヴァイスされ、ダメだしをもらい、全く違うことを多く言われてきました。一声楽家としての個人の見解ですが…

今日のトレーナーのメッセージ

オ母音が連続すると早くなりがちなので注意しましょう。こもっていく傾向にもあるのでもっと前にだして喋るよう意識してください。(♭Σ)

今日のトレーナーのメッセージ

歌い出しから声に響きが乗ってきましたね!自主練習でも「前屈」の効果はきっと実感できるはずです。(♯α)

今日のトレーナーのメッセージ

地声、話し声のキーはとても安定してきました 力みも少なく、舌の固さも減ってきました 裏声がまだ、力みや舌の固さ、また、声帯が上がってきて来るような感じで まだ喉を絞めてしまいます 口の中の奥行きをキープし、力みなく声が出せるように頑張っていき…

今日のトレーナーのメッセージ

喉に力を入れないということができてきています。以前までは喉で声を保持してしまっていたので、声に伸びやかさが足りなかったのですが、脱力ができているため、声をお腹でしっかり支えたときに、伸びやかな高音が出せるようになってきました。今日は緩める…

今日のトレーナーのメッセージ

今日は少し「暗め・深め」な声をイメージしながら読んでいただきましたが、声の通り道が改善され、素晴らしくなりました。この感覚に慣れていきましょう。(♭Я)

今日のトレーナーのメッセージ

声を出す前のブレスはとても大切です。ブレスを瞬間に喉のポジションがきまります。吸った息はすべて声にしたい。そのつもりで声をだしていきましょう。常に力まず。(♯γ)

視野の問題

物事には「狭く深く」掘り下げることが必要な場合と、「広く浅く」幅広い視点でものを見ることの二つが必要不可欠であると思います。歌のレッスンなどでは、特にこの二点が重要であると思います。とにかく集中して掘り下げ、体得させていく時期は前者ですし…

今日のトレーナーのメッセージ

今日は発声を中心にレッスンしました。次回も、ご自分で歌いずらいところを中心にレッスンでも勉強していきましょう。(♯Δ)

今日のトレーナーのメッセージ

歌になると、息を吸うタイミングがうまくつかめず、だんだん喉が詰まって苦しくなることがありますね。これは、必要な息が吸えていないからです。 こんなときは「リズム読み」をしてみましょう。 音に高低は付けずに、楽譜通りの音の長さで読む練習です。 は…

今日のトレーナーのメッセージ

前半、少し喉のノイズが気になりましたが、顎を下げることや鼻のうぃたを伸ばすこと、そしてあくびをこらえるようなイメージで発声していただくと、徐々に改善していきました。このような練習をしていくと、喉が開くことにつながってくるので、ウォーミング…

今日のトレーナーのメッセージ

ポジションが喉元に落ちるので、ほほ骨を上げて意識していただきました。この位置で歌えるようになると、喉の負担はすくなくなり、聞き心地に良い声になってくると思います。ただそれを、無理にキープしていると力んできてしまうので、たまにほぐして脱力し…

今日のトレーナーのメッセージ

風邪による自主トレ不足で低下した声の実力は、無理をせず少しずつ取り戻していきましょう。(♭Ξ)

今日のトレーナーのメッセージ

丹田の奥から押し返す力のトレーニングをしました。コツが少しずつつかめたように思いますがいかがでしょうか。曲はまずはとても雰囲気よく歌えていると思います。そのうえで、言葉のリズムを生かして音楽を作っていく練習をしました。(♯ё)

腹筋

発声にとって、横隔膜がとても大切な役目を果たすことは、たぶん多くの皆さんがすでに耳にしていると思います。膜という名前がついていますが、膜ではなく、筋肉だということも、4割くらいの人は、知っていることでしょう。ですから、お腹を使うということが…

今日のトレーナーのメッセージ

母音の輪郭がボヤる感じがします。オの母音は唇の動きがうまくいかないとアに聞こえてきて言葉がはっきりしないのでもとオにこだわってみましょう。(♭Σ)

今日のトレーナーのメッセージ

「歯を閉じる」は発音の位置が整って良いです。あとは「口を開けたら気楽に」発音することがポイントです。(♯α)

今日のトレーナーのメッセージ

基礎トレーニングはとても安定してきていると感じます。 筋トレと同じなので継続が有効なので継続してください。 滑舌もだいぶ改善が見られます。 声量がもう少し出てくると更に良いと思いますので 基礎の腹式や50音の際にのどがあいていて、口蓋が高いこと…

今日のトレーナーのメッセージ

嫌な音域が来たら、「目をクワッと開く」「思い切り息を吐く」「お腹を外側に押し続ける」の3つをやりましょう。3つが無理ならどれかひとつでも構いませんので、意地でも確実にやってみてください。(♯∂)

今日のトレーナーのメッセージ

口の形としては、新幹線の形状(300系や状況によってE7系)をイメージするといい条件が整っていました。この状態をベースにしながら、曲ではお腹の底から全身全霊で歌うように心がけると素晴らしかったです。引き続き、がんばりましょう!(♭Я)

今日のトレーナーのメッセージ

声を出す前のブレスはとても大切です。ブレスを瞬間に喉のポジションがきまります。吸った息はすべて声にしたい。そのつもりで声をだしていきましょう。常に力まず。(♯γ)

顔が怖い

様々な合唱団に指導にいっていつも感じることがあるのです。それは「顔が怖い」です。顔が怖いと聞くと怒ったような顔で歌っているとか、眉間に皺があるとか想像しますが、私のいう「顔が怖い」は全員が笑顔の状態のときです。多くの指導者が・ほほ骨を上げ…

今日のトレーナーのメッセージ

読むことと歌うことは全く別のように感じるかもしれませんが、根本は同じです。 まず丁寧に詞を朗読してから、同じ箇所を歌ってみましょう。、朗読に比べて歌は倍ぐらいブレスの場所が増えると思います。 これは息が効率的に使えていないからです。 声を出す…

今日のトレーナーのメッセージ

今日の低音を、忘れないで定着させましょう。裏声高音域は、無くならないように、毎回出すようにしましょう。(♭Ξ)

今日のトレーナーのメッセージ

低音で下顎に力を入れたり喉を力ませたりすると、だんだん声が割れてきますので、なるべく普段お話しする喉の使い方、緩ませ方で歌うように練習してみましょう。(♯β)

今日のトレーナーのメッセージ

母音のみの発声時の声の高さは、前回同様よいかんじです。その調子を維持しましょう。歌詞が入るとき、子音が混ざるときに声の高さが低くなりがちです。気をつけて発声を心がけてください。あと、息を一気に吐き出すのではなく、少しづつ使いましょう。(♭й)