ヴォイトレレッスンの日々  

ヴォイストレーニングに関わっている方と、ブレスヴォイストレーニング研究所のトレーナー、スタッフの毎日をとりあげていきます。

08)トレーナーのアドバイス

今日のトレーナーのメッセージ

声門閉鎖や喉頭のトレーニングはやりすぎてはいけません。いつもリラックスして力まないことがとても重要です。どこかに圧力がかかりすぎないようにしましょう。(♭Σ)

今日のトレーナーのメッセージ

ブレスの直後の音符が短くなる(4四分音符が8分音符に)部分があり、歌いにくくしているので、リズムを今一度確認しつつ、ぜひ歌詞のリズム読みも慣れていってください!曲全体を通して聴くのを楽しみにしています。(♯α)

今日のトレーナーのメッセージ

量をこなす時期だと考えています。体が、口が、のどが、気力が、疲れてからそこを乗り越えることで次の課題に行けます。目一杯、息と体を使ってみましょう。(♭∴)

今日のトレーナーのメッセージ

大きなパンにかじりつくかのように、前歯が見えるくらい口を開け口蓋上げていただいたらとてもいい声が出ていらしたと思います。どうぞ、この口や喉の奥の形を形状記憶のように、体に覚えこませていただき、いつでも同じクオリティの音が出せるようトレーニ…

今日のトレーナーのメッセージ

普段の声の出ているイメージより、低い位置で音が出ているようにイメージすると、より素晴らしい声に聞こえました。全体的にはとてもいい方向に進んでいますので、今後の課題として、口の中が広く柔らかいイメージや、音の鳴っている位置が低い状態をイメー…

今日のトレーナーのメッセージ

歌が進んでいきながらどんどん心情が変化していきます。アとオの発声を意識しながら、変化していく感情を表現しながら歌いましょう。朗読は物語等が短くされていますが面白い文章です。トライしてみてください。(♯γ)

今日のトレーナーのメッセージ

オの母音がア母音に聞こえてくるときは、声が開いてきてパッサッジョがうまく通過できなくなるので気をつけましょう。むしろ自分には聞こえづらくなりますがしっかりとオをキープできる方が声はうまく通過していきます。(♭Σ)

今日のトレーナーのメッセージ

息がしっかり入っている」「息が保たれている」どちらも実感しながら取り組める方法で、身体も力みみくいので安全です。(♯α)

今日のトレーナーのメッセージ

口の奥が狭くならないことと、低い位置でカラスのような状態で声を出す感覚に近く、歌詞を読むように練習すると、その後素晴らしい状態で歌えていました。歌うというよりは朗読に音がついたようなイメージと思うと歌いやすくなると思います。また、サビの部…

今日のトレーナーのメッセージ

体が硬いとのことでしたので、ストレッチをたくさん行いました。発声ではグリッサンドの練習が、声帯を柔らかく柔軟に使うために有効かと思いました。(♭Σ)

今日のトレーナーのメッセージ

数年ぶりに、レッスンを行ないました。自主トレは、曲だけ歌っていると、使わない音域が衰えてしまうことがあるので、スケールでもハミングを、自主トレしましょう。(♭Ξ)

今日のトレーナーのメッセージ

楽譜を「音読する」のが速くて正確なので素晴らしいです。音感をハーモニーの感覚とあわせて少しずつ身に着けていきましょう。用意ができたら台本を音楽に合わせて少しずつ読んでいきましょう。(♭∴)

今日のトレーナーのメッセージ

全体的に体が凝っている感じがしたので、発声を中心にレッスンしました。次回のレッスンものびのび歌えるフォームを引き続き探していき、音楽的にも表現力があがり、より楽しく歌えるのを目標にレッスンしていきましょう。(♯Δ)

今日のトレーナーのメッセージ

さらに良くするためには、息を止めずに送り込むことと、お腹周りの筋肉を使うことが必要です。膝を曲げて少し腰を落とした状態での練習を試してみて下さい。(♯∂)

今日のトレーナーのメッセージ

息吐くのが弱いとのことですが、息吐きのトレーニングを毎日続けてみましょう。「柔らかく歌う」ことも今後の課題とのことでした。こちらは歌いこんでいく中でそういった技術が得られると思いました。(♯β)

今日のトレーナーのメッセージ

口の中の空間が狭くなると、少し硬い音色が増えてしまうのですが、その部分を広くイメージできているときは、柔らかい音色になっています。少し広いイメージを保てると、より美しくなっていくと思います。(♭Я)

今日のトレーナーのメッセージ

息を強くする、響きを確認する、の2つのトレーニングをおうちでもやってみてください。今日の最後のほうは体からいい声が出ていたと思います。(♭∴)

今日のトレーナーのメッセージ

音を支えるというよりは言葉を体で支えるという意識をもって歌うことはとても重要です。言葉を体でとらえてその上に音があると思うくらいでもいいかもしれませんよ。(♭Σ)

今日のトレーナーのメッセージ

全体の印象ですが、しっかり声を出すことに馴染んでこられたように感じました。次回は他の方法でも曲を歌ってみたいと思います。(♯α)

今日のトレーナーのメッセージ

冒頭で高い音に上がるため、歌いだしから口の中のキャパシティをほんの少し広げて歌いだしてみましょう。口蓋を高く、唇を前に出すとキャパシティを広げることができますが、歌いやすさや響きが損なわれない範囲にとどめてください。(♯β)

今日のトレーナーのメッセージ

ウを使ってのトレーニングを行うと、息がまわるだけではなく、喉頭がさがって喉のスペースが広がります。声をだそうと思わず、息のトレーニングだと思って訓練してください。(♭Σ)

今日のトレーナーのメッセージ

曲を歌うときは、いつでもお腹で支えられるようにしていきましょう。軟口蓋をしっかり自主トレして、好きな声が出せるようにしていきましょう。(♭Ξ)

今日のトレーナーのメッセージ

呼吸は吐くときと吸うときの身体の動きが逆にならないように再確認してみてください。しっかりしたよく通る声は早春賦の曲想にとても合うので、ぜひ引き続き歌ってみてください。高音になるときにこわがらずに息の流れを意識してみるとうまくいきました。 (…

今日のトレーナーのメッセージ

年始はそれ以上に良い状態に持っていけていました。4.初めて顎が上がらずに歌えていたのも大きな変化です。(♯α)

今日のトレーナーのメッセージ

ロングトーンは、喉が疲れない程度に、出ている声をよく聴きながら、自主トレしましょう。(♭Ξ)

今日のトレーナーのメッセージ

トレーニングははじめは量よりも質を重視して、確実に体が使えるかを確認しながら進めてください。息のトレーニングでは吐き切った時にぶつ切りにせず、お腹の緊張状態を一瞬保ってください。応用として様々な作品を音読していきましょう。(♭∴)

今日のトレーナーのメッセージ

口の中を柔らかくイメージすることや、テンポが遅くならないことを心がけると、柔らかく力強い声になっていきました。この感覚に徐々に慣れていきましょう。(♭Я)

今日のトレーナーのメッセージ

胸声の方向へ練習することと、頭声の方と、両方を強化していくことが大切です。ロングトーンの不安定さや、発声の不安定さは、お腹の支え強化と息が足りないことを鍛えていくことでほぼ解消されます。がんばってください。(♯Γ)

宝生流の月並能で「盛久、茶壺(狂言)、羽衣」

宝生流能楽堂は東京ドームのすぐ近くにあり、他の流派の能楽堂と違い、少し大きめなのだそうです。でも能楽師たちの声は、広い会場に負けることなく声が届いてきました。全ての幕を通して印象深かったことは、能楽師達の発声のよさです。舞台俳優をはるかに…

より向上させるために

自分で自分の声を聴き過ぎず、自分が今やっている現象を視覚的体感的な部分で認識することを大事にしてください。 例えば、口が閉じやすい人の場合、鏡を見ながら口の開閉状況を確認したり、顎などを手で押さえて開閉状況を認識するということがとても重要で…