ヴォイトレレッスンの日々  

ヴォイストレーニングに関わっている方と、ブレスヴォイストレーニング研究所のトレーナー、スタッフの毎日をとりあげていきます。

08)トレーナーのアドバイス

今日のトレーナーのメッセージ

息の自主トレの効果が、しっかり出てきているようです。喉での微調整も、試してみましょう。(♭Ξ)

今日のトレーナーのメッセージ

話し声がとても素敵です。歌になったときも、そのまま変えずに歌えるといいですね。次回は、なぜ変わってしまうのか、どうすればそのまま歌に繋げられるのかをやってみましょう。(♯∂)

今日のトレーナーのメッセージ

新しい課題曲を歌いました。曲のイメージを楽しんで歌ってください。 自由曲は気持ちよく歌っていて何よりでした。(♯Δ)

今日のトレーナーのメッセージ

低い音は頑張っても出ません。だから頑張らないで出す方法をやってみました。まずため息のような、面倒臭そうな息を吐きます。すると喉仏が最大限下がります。その状態から歌い始めてください。自分では物足りない感じがすると思いますが、頑張って出すより…

今日のトレーナーのメッセージ

ブレスの時に、あばらが横にゆったりと広がっていくイメージを大事にすることと、発音の位置が普段よりも少し低い状態をイメージできると、よりいい状態になってきました。徐々にこの感覚に慣れていきましょう。(♭Я)

今日のトレーナーのメッセージ

今日は普段やっている発声の技術の練習を曲に落とし込みながらレッスンいたしました。発声ではよくできていても曲になると意外にもおなかが抜けていたり、母音のレがートが甘かったりすることに気付いたと思います。今後も曲の中で技術を練習してみてくださ…

今日のトレーナーのメッセージ

前回の復習がとてもよく進んでいました。次回から、声を胸に響かせるトレーニングに入りたいので、あくびの練習をたっぷり繰り返しておきましょう。(♭Ξ)

今日のトレーナーのメッセージ

肺に入った空気を保ちながら、身体の支えを使った表現にうまくつながったと思います。テキストの言葉の裏側には、その言葉を発するに至る感情が生まれているということを常に頭において、間、イントネーション、抑揚などを分析していくとさらに自然な表現に…

今日のトレーナーのメッセージ

横隔膜の支えが充実してきましたね。呼吸のトレーニングがよい方向へむかっていると感じました。吸気で体がどう動くとよい方向へ向かうか確認してみてください(♭Σ)

今日のトレーナーのメッセージ

アカペラでもテンポ感が前回よりずっと安定していたのは良かったです。音程は上ずる傾向にあるので、練習時に音程確認を工夫してみてください。(♯α)

今日のトレーナーのメッセージ

少し斜め上に向きながらの発声をやりました これは顎を開けすぎてしまわないようなトレーニングです 前をむいたところから斜め上に顔を向けて 上側に口をあける練習をしてみてください(♭Ц)

今日のトレーナーのメッセージ

シャウトで喉を荒らしてしまったのとことですが、どうぞのどに負担のかからないシャウトを見つけてください。何十回でもできるくらい、のどに負担がかからない方法を見つけましょう。口蓋を上げることと、舌根を下げることは必ずセットで行ってください。(♯…

今日のトレーナーのメッセージ

口を開けて歌うよう意識したそれは、ちゃんと効果を発揮していました。さらに顎も上がらなくなるという相乗効果もありとても良かったです。(♯α)

今日のトレーナーのメッセージ

息を強くしていくこと、速いスピードの息を吐けるようにすること、息から声にしていくこと。一生ものの声ですから基礎トレーニングは地道にやっていきましょう。(♭∴)

今日のトレーナーのメッセージ

コンサートのシャンソン曲をレッスンしました。なかなかの大曲ですね。でも、どんどん上手くなっていらっしゃいますので自信を持ってコンサートで歌ってくださいね。(♯Δ)

今日のトレーナーのメッセージ

高い音ほど、体は低く構えて踏ん張って下さい。イタリア語はモゴモゴしてはいけません。ハッキリ喋るようにしましょう。そうすると、つられて声が前に出るようになります。(♯∂)

今日のトレーナーのメッセージ

ブレスの時に、あばらが開いていくように意識して、発声時もそれをしぼまないようにキープすることと、発音の位置を低く意識した状態で発声するといい声が増えてきました。(♭Я)

今日のトレーナーのメッセージ

マイクでの録音でクチャっという音がしてしまうとのことでした。口の中の空間をしっかり広げるよう発声練習しましょう。そしておなかの底から息を吐いてその息に言葉を載せていくように練習してみてください。緊張すると、体がこわばり、この2つのことができ…

今日のトレーナーのメッセージ

低音域が、弱くならないように、気をつけましょう。裏声も、ご自宅で自主トレしてみましょう。(♭Ξ)

今日のトレーナーのメッセージ

呼吸の訓練、横隔膜を起こす訓練は、ほとんどアスリートだと思って、ストップウォッチで時間を決めて行うと良いですよ。少しきついですが、続けて取り組むと歌うからだの土台ができます。(♯ё)

今日のトレーナーのメッセージ

イタリア語を歌うためには、支えなどももちろんですが、唇、喉の深さなどさまざまな日本語と違うトレーニングが必要です。しっかりと鍛えてくださいね。(♭И)

今日のトレーナーのメッセージ

とても良い声が飛び出してきました。空気は圧をかければ圧縮することができますので、それを利用してポンと声を出すやり方です。(♯∂)

今日のトレーナーのメッセージ

背筋を意識してみましょう 腹筋と背筋のバランスが大切ですが普段、後ろ側は意識しずらいので ときどきそってみたり体幹トレーニングをしてみてください(♭Ц)

今日のトレーナーのメッセージ

横隔膜の動きは押し下げる感じ、胸郭は肋骨を広げると理解するといいと思います。動画などで横隔膜の動きを見ることができると思いますので、ご参考に探してみてはいかがでしょうか。(♯β)

今日のトレーナーのメッセージ

全体的にはいい方向に進んでいると思いますので、ブレスをできるだけたっぷりとることと、高音域に向かっていくときに斜め下に声を進めるイメージを大事にすると、より余裕のある状態で歌えていたように聞こえました。(♭Я)

今日のトレーナーのメッセージ

マメミモムの発声の時、ほとんどの方はウの声の出し方が、平べったくなってしまいます。 今日はウの声の出し方がオの延長を意識しとても良くでていました。(♯γ)

今日のトレーナーのメッセージ

発音の位置を胸のあたりまで下げて、口は鼻の下が伸びる状態をキープできると、とてもいい声が出ていたように思えます。体は疲れると思いますが、この感覚に慣れていきましょう。(♭Я)

今日のトレーナーのメッセージ

語尾は気をつけていらっしゃるだけあってとても美しく歌えていますので、その前の曲の盛り上がるところ、フレーズとフレーズのつなぎ目も 丁寧に歌ってみましょう。(♯β)

今日のトレーナーのメッセージ

曲の中で歌い難い高音域は、頭頂などを、うまく活用してみましょう。(♭Ξ)

今日のトレーナーのメッセージ

無理のないミックスヴォイスで出ているので、この発声練習の感覚が歌につながってくると良いと思います。(ずいぶんつながってきていますよ。)リズムの取り方、発音などなどどんどん自然にできていますので、この調子で身体に取り入れていきましょう。(♯ё)