ヴォイトレレッスンの日々  

ヴォイストレーニングに関わっている方と、ブレスヴォイストレーニング研究所のトレーナー、スタッフの毎日をとりあげていきます。

08)トレーナーのアドバイス

今日のトレーナーのメッセージ

鏡を見ていただきながら口を縦に開くことや、ポンプの位置がどんどん深くなっていくようなイメージを心掛けていただくと、素晴らしい声が増えてきました。(♭Я)

今日のトレーナーのメッセージ

声が明るくなると喉が上がりやすくなるので、発音を少し暗めにとらえてみてください。それだけで喉が落ち着くので印象がずいぶん違います。(♭Σ)

今日のトレーナーのメッセージ

歌う前に、歌詞をよく読んでみましょう。音程と言葉を正確に伝えることを意識するだけで、歌そのものが変わると思います。(♭й)

トレーナーのメッセージ

おなかを使おうと意識されているし、肩にも余計な力が入らなくなりました。曲では、伝えたい、という気持ちが伝わってきました。(♭∴)

フレーズの連続性

私は、フレージングにタッチ、ニュアンスをおくとか、エッジをきかす、ピークや発色させるなど、独自のイメージで課題を与えています。もっと大切なのは、フレーズの終止から、次のフレーズに入るまでの流れの保ち方です。そこでのブレスによる流れの変え方…

口を大きく開けない

口をパクパクと開けすぎるのは、発声の邪魔です。声が、まだ声の出にくい人は、表情でもフォローできるから、表情筋も別に鍛えるとよいでしょう。口の動きは発音に大切です。目的はそれぞれ、ただし、口を開けるのと口の中を開けるのと、喉を開けるのとは違…

フォームとしての姿勢づくり

よい姿勢とは、無理のない自然でリラックスをした姿勢です。しかし、プロの声はプロの体から出る以上、それを支えるものが必要です。結果として、次のようになっていることを確認してください。これを同時に、すぐにはやれません。発声と姿勢との両立は、感…

今日のトレーナーのメッセージ

ロングトーンで発声練習しました。引き続き、息をしっかり吐けるようにストレッチやロングトーンで発声などの身体をほぐすようなレッスンを続けていきます。(♯Δ)

フレーズの入り方(歌での声立て)

早めに出るのも、ためがあってからバーンと出る場合も、あらかじめ描かれた円の流れの中でなめらかに合流するような感じにします。決して突発的に声にしないことです。前のフレーズでの声の切り方に対して、もっともよいタイミング、声量、声質で次のフレー…

フレーズのキープ

直線的に、一本の棒のようにひっぱらないように注意します。統一した響きの線でライン(円)を描くようにします。やや強めていってもよいのですが、変に揺らさないことです。力でなく、呼吸でアクセルを緩める感じです。

フレーズの終止

フレーズの終止は、徐々に声を消し込んでいくのが基本です。そこで振るえたり、揺らいだりしてはいけません。息が足らないと、息の支えがなくなって声がふらつきます。中には、急に止める場合もあります。口先でなく、体で切ることです。流れの中で放す感じ…

今日のトレーナーのメッセージ

1つの文章を一息で言い切るようにしましょう。1つの文章に対し、1回でペンキを塗りきるイメージです。そうしますと、長くゆっくり筋肉を使えて、声も今以上に出せると思います。(♭й)

今日のトレーナーのメッセージ

スタッカートで整えた直後のレガートは、とてもスムーズに声が進んでいまいしたね!次回も他の音型でぜひその感覚を再現していきましょう。(♯α)

今日のトレーナーのメッセージ

最後の音だけ落としてしまうことを注意していただきましたら、ずっと口蓋のところに音を高くキープできていらしたと思います。体のことに関しては腰から下げるときに腕を使って下げていらしたので、体幹に任せるように歌われるともっと支えが使えると思いま…

今日のトレーナーのメッセージ

慣れてきたものに関しては、より内容を届けるイメージを大事にしましょう。そのように読んでくださっているときは、声も表現もよくなっています。イントネーションについては、引き続き、様々なものを読んでいく中で、バリエーションを増やしていきましょう…

今日のトレーナーのメッセージ

今日はイの声の出しかたを勉強しました。オの喉の開きを意識しつつ口角をしっかりあげて声を出してみましょう。(♯γ)

継続は力なり

ことわざですが、とても重要な言葉だと自分は思います。世の中にはいろいろな人がいますが、その中での天才は、本当にごく一部だと思います。物事に大して「どれだけ突き詰めて磨いていけるか」ということの方が、はるかに重要だと思います。全然才能のない…

今日のトレーナーのメッセージ

自主トレの代わりに曲を歌うときは、「オ」や「ア」で歌ってみましょう。(♭Ξ)

今日のトレーナーのメッセージ

スタッカートは思っているより短めに、瞬間くらいに思って出して大丈夫です。結果的に声が進みます。だんだん出しやすくなったという感覚も理にかなっています。(♯α)

今日のトレーナーのメッセージ

発声でのどが詰まらないように、おなかを鍛えましょう。静かに息を吐く時に感じる下腹部を大切に。zの舌の震えでの発声練習も試してください。曲は、歌詞をリズム読みする練習をしてみてください。せっかく英語なので、歌ったときに平板にならないように。(…

声にも地力が必要

現状の日本のポップスの世界では柔らかい、ソフトな声が好まれる傾向にあります。息が多く混ざった声もそうです。売れる観点でいくと現代の嗜好に合わせ、ニーズがあるのですから誰も否定できません。作る側からすると売れるものを作りたいに決まっています…

今日のトレーナーのメッセージ

発声練習の時からとても良いコンディションになりました。コンコーネいいですよ。音取りの復習ができていました。曲想の練習もできていました。次回は、同じ母音で勉強してきてください。(♯Δ)

今日のトレーナーのメッセージ

いわゆる「お腹で支える」ということを、いくつかのやり方で実験してみました。重いものを持ち上げながら声を出した時に、とてもいい声がでていました。お腹の使い方が分からなくなった時には、ぜひ試してください。(♯∂)

今日のトレーナーのメッセージ

鏡を見ながら口を縦に開くことに慣れることと、骨盤のあたりがじわじわと開くようなイメージでゆったりブレスをとることができると、いい声が増えてきて、1オクターブがいい状態で発声できていました。この感覚に慣れていきましょう。(♭Я)

今日のトレーナーのメッセージ

声は自分がだしているつもりでも案外弱いことが多いです。自分がおもっているよりもしっかりと出していきましょう。出していないと基本の音量が強くなりません。(♭Σ)

今日のトレーナーのメッセージ

発声のときに高音域が出てきたところがよかったです。コンコーネの2曲目のリズムが取れるようになりました。3曲目も勉強しましょう。(♭й)

今日のトレーナーのメッセージ

イタリア語の母音の伸ばし方はリエゾンがあると変わってきます。今日のところ要チェックです。一度やった箇所は次回までに暗譜しましょう。(♯γ)

人前で披露する機会を設ける

レッスンである程度上達してくると、その先に進むためには、「人前での披露することの経験」が必須になってきます。つまり、「本番力」です。自分での練習や、レッスンではうまくいくようになったものを、人前に出したときにも同様にできるかどうかというこ…

今日のトレーナーのメッセージ

背中をよく動かし肋骨もよく動くようにウォームアップしました。息を口蓋のラケットに、ボールを当てるように吐くこと、そして横隔膜を動かして息を吐いていただいたら、声量がアップしましたね。喉は常にあくびのように空いて歌いましょう。(♯β)

今日のトレーナーのメッセージ

発声、曲を歌うことは、声優含め声を使う様々な場面で役立つことと思います。声優の学校も楽しく頑張ってください。(♯α)