ヴォイトレレッスンの日々  

ヴォイストレーニングに関わっている方と、ブレスヴォイストレーニング研究所のトレーナー、スタッフの毎日をとりあげていきます。

08)トレーナーのアドバイス

今日のトレーナーのメッセージ

口の構えや頬を寄せる意識で母音の響きが変わったと思います。録音を聞きながら理想の響きを見つけていきましょう。(♯β)

今日のトレーナーのメッセージ

スタッカートで、きれいな充実した声が出るようになってきました。この出し方に、慣れていきましょう。(♭Ξ)

今日のトレーナーのメッセージ

息の流れがずいぶんまっすぐになってきましたね。また、歌に客観性が出て説得力が増してきたように思います。トレーナーの言葉がすぐに理解できる、実践できるという力は、日々の努力のたまものだと思います。この調子で深めてください。(♯ё)

今日のトレーナーのメッセージ

声の鳴りがとてもよくなってきましたね。喉をさげることと舌の位置はもっとトレーニングすると別の動きをするようになります。今はまだ同じ方向に動きがちですが時期に改善すると思います。(♭Σ)

今日のトレーナーのメッセージ

おなかを小刻みに動かしながら一曲歌いきる練習をしてから、普通に歌ってみましょう。横隔膜が活性化して声がよく鳴りはじめます。(♯∂)

今日のトレーナーのメッセージ

発声の際、顔が怖くなっていしまうので笑顔を忘れずに。 右の肩が前に出がちなので注意、また、足の親指がかなり動きます。 少し後ろ体重なのかもしれませんので、背伸びなどで親指を使うことをしてみて、普段の足の感覚を気にしてみてください。(♭Ц)

今日のトレーナーのメッセージ

たまに弱い声で発声練習をすると、つながりと響きがわかるようになります。いろいろ挑戦していきましょう。(♭∴)

今日のトレーナーのメッセージ

聞かせる気持ちのエネルギーをたくさん持って読んでいただくと、内容も声もどんどん素敵になってきています。この大げさに読む状態を基準にして、必要な部分のイントネーションを改良していきましょう。(♭Я)

今日のトレーナーのメッセージ

息のトレーニングは「sをできるだけ強く、できるだけ長く」に変えてみてください。お腹の力がついてきたのでトレーニング課題を変えてみます。もう少し進んだら、曲に挑戦してみたいと思います。(♭∴)

今日のトレーナーのメッセージ

今日は、発声と曲をやりました。次回に向けて、母音をしっかり鳴らしながら歌うことをテーマにしばらくレッスンしていきましょう。日頃の練習からのイメトレも!(♯Δ)

今日のトレーナーのメッセージ

わざとゆっくり読む練習をしましょう。1.5倍に引き伸ばす感じです。その上で、重みをつける音節、間の取り方、声の高低も1.5倍で。案外難しいと思いますが、それが出来れば普通の速さに戻して読んだ時に彫りの深い朗読に変わると思います。(♯∂)

今日のトレーナーのメッセージ

ブレスのタイミングや「サン・ハイ」という拍感と、次の音楽を予測することなどを心がけると、どんどん素晴らしい状態になっていきました。(♭Ξ)

今日のトレーナーのメッセージ

舌根に力が入り、母音の響きに影響を及ぼしたり、鼻声になりやすいような状況をつくっているようでした。息を吸ったときに、なるべくリラックス状態で意識的に舌根と喉を下げることに慣れてみてください。毎日、歯磨きをするときなどに鏡の前で練習してみる…

今日のトレーナーのメッセージ

スタッカートの声を、ロングトーンに活かせるように、少しずつがんばりましょう。(♭Ξ)

今日のトレーナーのメッセージ

横隔膜が柔らかくなると、呼吸と胸の鳴りがよくなります。レッスンの最初はいつも横隔膜を活性化することから始めていますが、時間のある時に短時間でも習慣にしてみると良いですよ。声の響き(方向)はずいぶんまとまってきましたね。低音で思い切って胸を…

今日のトレーナーのメッセージ

胸をしっかりと響かせることをメインにトレーニングしました。胸が響いている状態は声の基礎の重要な部分です。そこが鳴っている状態で小さい音も大きな音もコントロールできるといいですね。トレーニングはガ行がおすすめです。(♭Σ)

今日のトレーナーのメッセージ

「お腹から声を出す」ということの準備、そして低音を効率よく鳴らすための息の使い方を勉強しました。prrrr(リップロールと言います)は復習しておいて下さい。ただし、真剣にやると止まってしまうので、お風呂の中などのリラックスした状態でお試しくださ…

今日のトレーナーのメッセージ

上行形でもZ(ズ~)が安定していて(=息がしっかり吐けていて)良かったです。Zで歌えたら、それは息で音程をとっているようなものです。 (♯α)

今日のトレーナーのメッセージ

響きをよくするには、トレーニングをして息とお腹の力をつけることと、響きの方向性を確認することです。後ろの空間を意識するといいかもしれません。息吐きのトレーニングは続けてください。 (♭∴)

今日のトレーナーのメッセージ

舌と軟口蓋の距離を遠くイメージすることや、発音の位置を普段よりも奥や深い位置をイメージすると、どんどん改善されてきました。徐々にこの感覚に慣れていきましょう。(♭Я)

今日のトレーナーのメッセージ

セリフ以外に目に見えない設定を細かくしていくと臨場感がより出てきます。様々な人間が登場しますが、すべての役をやりきりましょう。話すスピードや声色を考えて取り組んでみましょう。(♯γ)

今日のトレーナーのメッセージ

今日は、口の中のポジションと、ブレスのタイミングを細かく行いました。自分の中で、「サン・ハイ」とカウントできる感じ、そして、少し余裕を持たせてブレスをとると、準備がやりやすくなっているように思いました。(♭Я)

今日のトレーナーのメッセージ

呼吸で胸が開いたり、背中が開くことをもっと意識してもいいと思いました。日常で声の訓練ができなくても、呼吸や息はきの練習だけでも効果は出てくると思います。(♭Σ)

今日のトレーナーのメッセージ

お忙しい時期でも、なるべく基礎練習は、減り過ぎないように、気をつけましょう。(♭Ξ)

今日のトレーナーのメッセージ

フレーズと音色はとても関係が深いですね。今日は音色(声の方向)に注意してみたら、フレーズ感がずっと音楽的になりました。この調子で、よく音色を聴きながら歌っていきましょう。(♯ё)

今日のトレーナーのメッセージ

コンサートで伸び伸びと歌えなかったのは残念でしたが次回に向けて、気力の持って行き方も考えながらレッスンしていきましょう。日頃の練習からのイメトレも大事です! (♯Δ)

今日のトレーナーのメッセージ

最後の2音を躊躇なく前に出すことと、サビに入る前のシンコペーションの部分のメロディーラインがブレないように歌うこと。この2点がクリア出来ればかなりいいと思います。ベストを尽くして下さい。(♯∂)

今日のトレーナーのメッセージ

前肩の改善方法しらべてみますが、まず肩甲骨、背筋、少しの腹筋のバランスを考えてみましょう 肩甲骨を動かす運動をして胸を張るような、肩の位置を意識して立ってみる練習をしてみましょう(♭Ц)

今日のトレーナーのメッセージ

口が横に開いてしまう癖があるので、すぼめることもできるように筋肉に覚えさせましょう。 軟口蓋を上げて上あごが屋根のようにかぶさる感覚で歌ってみてください。( ♯β)

今日のトレーナーのメッセージ

ブレスの工夫と表現の工夫をメインの課題にしました。この部分がうまくいくと、自分自身に余裕が出てくるので、声も内容もいい方向に進みました。今日の感覚を、ぜひ、大事にしてみてください。(♭Я)