ヴォイトレレッスンの日々  

ヴォイストレーニングに関わっている方と、ブレスヴォイストレーニング研究所のトレーナー、スタッフの毎日をとりあげていきます。

06)歌のレッスンの感想

歌のレッスンの感想

自分は、首から上しか用いずに発声している→芯のないブレた声になる首から下(体幹)を連動させて発声できると芯のある安定した声になる 1.腰に手を添え、極限まで腹に空気を溜め風船のように一気に吐く(空気を吐く瞬間、少し腰を引き、薄らと声を出す)→声にし…

歌のレッスンの感想

1.首回り、鎖骨周りなどもストレッチでリラックス必要2.軟口蓋を開けながら息をフッーっと一気に吐く3.赤とんぼ軟口蓋の感覚や息を吐く感じ等、気づきが多くありました。(TU)

歌のレッスンの感想

1.発声の基本 ハミング 良い香りを嗅いでいる時のように、顔の筋肉(目の上等)もしっかり使う。嗅いでいる時の筋肉も感じて発声する。 アエイオウ 前に声を出すのではなく、後ろに引っ張る。高音が出にくくなったら、背中の筋肉、更に高音が出にくくなったら…

歌のレッスンの感想

邦楽は初めての体験、楽しかったです。声出しの同音8つは、レッスンで「Ga」を同音で取る応用で、すんなり入れました。座ってのお稽古でしたが、先日受けた他のレッスンで腰で歌うと言われたことを思い出し、腰を意識しました。売り声の曲のアクセントははっ…

歌のレッスンの感想

鼻と喉の調子が悪く声が出ずらかったのですが、頭を上下にしながら発声することでだいぶ楽になりました。これをやると声帯の閉じ具合がちょうどよい感じになるとのことで、これをした後の喉の感じは、意外と喉?を閉めているなあという感覚でした。でも、聞…

歌のレッスンの感想

1.曲を分解して作曲者がなにを意図しているかリズムでも感じてみる。自分がおもっているのと作曲者が意図しているものは違うことがある。また、楽譜をまだ読めてないので音符を理解できるように次までにチャレンジしていたい。1人では気付かない、ところ、リ…

歌のレッスンの感想

数年前に足踏みを教わったのに、いつのまにか忘れていたので、また指導を受けられて良かったです。リズム苦手から脱出するきっかけにしたいものです。私は以前はリズムは苦手と思っていなかったのですが、ここに来てちゃんと勉強を始めてから、ちゃんと取れ…

歌のレッスンの感想

鼻うがいはした事がないが、しているつもりで鼻から吸い込みながら声を出すと上手くいった。 歌の中で音程が上がり切らずぶら下がり気味になってしまうのを避けるために、音は高めにとっていくものだと聞いた事があったが、 それ以前にまずはきちんと正しい…

歌レッスンの感想

1.「頭にいっぱい太陽を」。1オクターブ半の音域で、低いところにリズムがある、シャンソンの古い時代に好まれたようなメロディとリズムを今の時代にどう伝えるか?低いところのリズム部分がもぐると、歌の明るさがなくなる。B♭のキーだと下のソからのオク…

歌レッスンの感想

1.ブレスの練習だけでレッスンに臨みましたが、実際声を出したときに自分の声に驚いてしまって焦ってしまいました。やはり声を出す自主練習も必要だな、と感じました。2.指を挟まずに「ホ」の口で発声ができるようにすること、深呼吸のような深いブレスが今…

歌レッスンの感想

1.「ラレラレラレラレラー」ドミレファミソファレドーで。最後伸ばして。身体が胸像の感覚、上半身が下半身にふわっと乗っかっている。ラーで身体の一番下のラインは留まったまま上はふわーっと上がる。口がふわーっと開いてくる。2.腕でくるんで。高音域の…

歌レッスンの感想

口を開けることに集中すると顎に力が入り、やわらかさを失い、脱力すると軟口蓋が下がってしまうこと。響きを下の方にもっていくと顎はやわらかくなり、声も息で押せるけれど、口の天井が低くなってしまうこと。3.課題口の開き方が上下のどちらかに偏ってし…

歌レッスンの感想

1.高音部で裏返るのは高い音域を持つ人でもありえること。裏帰ってもそれは時の運と割り切ること、「あそこ惜しかったね」という印象にもっていくほうがベター。ずるずる引っ張って全体的に聴けたものじゃないようにならないようにすべし。2.「抑揚」を付け…

歌レッスンの感想

1.歩きながら発声「マ」「マモマ」 ・いい声を出すより、息をはいて出す。 ・楽に。力を抜いて。肩をまわしながら。2.腰かけて発声「マママママ」3.コンコーネ16番 ・クレッセンド ・高音で開かずに絞る。高音でのどがあがらないように。 ・ぷつっと切らな…

歌レッスンの感想

1.ハミング(ドレミレド):2.首のストレッチ:首を伸ばすときに背中を丸め、息は首や肩の凝っている箇所に向けて吐く。3.アエアエアの発声(ドレドレド:エで舌を出す):口を欠伸のように縦に開き、鼻の両脇で上唇の両端を吊り上げるのが基本4.マメミメマ…

歌レッスンの感想

スシュヒ1.一つ一つの音はちゃんとしてる。2.ヒッヒッッヒッではなく、ヒーヒヒで保つ。3.詰まりすぎない。4.サッとスーッサッは全然違うので、しっかりやり忘れない。5.最後のーッサまでしっかりやる(声を出す)Saオアオア アオア1.Saをしっかり!準備してお…

歌レッスンの感想

1.スーサッ瞬間のブレスの練習。息を取り込む時に「サッ」を入れる。スゥーではなく、スィー。イタリア語のYes、スィーの感じで。サッは、後ろに引かない。息をスィーとはいているのと同じ方向に、前に、サッと言う。サッは声にせず全部息で。次は、スーを少…

歌レッスンの感想

1.ナの発声(ドレドレド、ドレミレド、ドレミレドレミレド)一つ一つの「ナ」の間に、もう一つずつ「ア」を入れるくらいにすると、一続きに繋げる。胸を縮めず自由自在に動けるようにしておくこと。2.リップロール出だしで力を入れ過ぎず、最後まで持続でき…

歌レッスンの感想

発声時、もっと頭の後ろも開けて息を流す体と息の通路が開いていて、そこへ息を流すことに集中これを悩まずに、声のイメージは縦で発声時の自分をもっと客観的にイメージ出来ると良い発声で響かせるのは、上あごから上の頭蓋骨だから下あごから下は響きを伝…

歌レッスンの感想

1.音程が悪いのは音感の問題ではなく、口腔内の使い方。今は正しい音を出していても、出し方が悪いので音程が悪く聞こえている。P.38の7、二分音符のソーファー、ファのfを発音するために口を大きく横に開いているので、下がって聞こえる。サーアーで歌えば…

歌レッスンの感想

低音がうまくいっている時は、音が上がっていくのが大変。上がりきれないことが多くなった。最高の音を伸ばし過ぎている。呼吸鼻から吸うと鼻声になりがち。できるだけくちから吸う。また、口から入る量が見ていて人より多そう、とのことでした。上に胸が持…

歌レッスンの感想

1.息は胸に入れる。その方が横隔膜も広がる2.喉は下げるけれども、おなかは押し上げるように。お腹のしたの斜めの筋肉を上げるように。3.少しずつ音程が上がる時はどんどん下から息を上げるように。息は口から胸に入れるように意識しても、体力がなくなって…

歌レッスンの感想

半年一年、中低音を探っておく低い所で練習をすれば喉も壊さない高い所は喉をしめる。ぶつける。息漏れする質感が保てない(避けるために今までは抜いてまわしていた)上下で引っ張って声を出すイメージで発声する高音部に行くと芯が外れ浅くなる息から声に…

歌レッスンの感想

1.「虹の彼方へ」最後の「アイ」を「アーイ」あるいは「アイー」と伸ばす時に、散らばらないように集めることを意識。Somewhere over the rainbowのあとのway up high も同様に散らさないで。まとめるのは例えば顔の鼻の所など、ハミングで集める所、縦にま…

歌レッスンの感想

かつてのように大勢の人から期待されるわけではなく、知った顔ばかりの小規模でのライブを何年も繰り返していますと、デザイアと呼べる衝動がなくなってくるものです。このなかで、気分的に浮いたり沈んだりしながらも、野性のモチベーションを保つことが最…

歌レッスンの感想

今まで舌根を下げることにばかり意識がいってしまい、口や舌に力が入っていたこと、息が浅くなることもしくは深くなると弱くなってしまうこと。無駄な力を抜くこと、必要な力だけを力まず使うこと、正しい発声に『体』を慣らすこと、その為に必要な筋肉をつ…

歌レッスンの感想

1.オオオオオ、後ろ向きに平均台の上を歩くようにぐらぐらしないようしながら発声すると息が安定。お腹や体の支えをしっかりさせない といけない。 2.息をたっぷり吸う、肩甲骨の間が膨らむようように意識。リラックスしてたっぷり吸えば響く声が高音域でも…

歌レッスンの感想

1.アゴを引く理由。アゴを上げると、胸部がつっぱり、響かなくなるから。2.イスに座って、腹に圧を感じるようにして歌う。腹圧を感じながら立ち上がる。多少うつむいたような見た目になる。このとき、上半身を力ませないようにする。3.レッスン当日ライブだ…

歌レッスンの感想

背伸び呼吸発声スタッカート同音イエアオウ"Sento nel core"エ母音はつぶれた音になってしまい、とても難しかったです。口先ではなく、口の奥、軟口蓋の辺りで発音するイメージはとても分かりやすく、声も出しやすいことを実感しました。顎や舌に力が入って…

歌レッスンの感想

真直ぐな姿勢を保ち息を声にする効率を上げること。口を大きくタテに開け、喉を開いて共鳴スペースを作ること。アタマの後ろに響かせるようなイメージ。イとエの発声時特に気を付けて子供のような歌唱にならないように。息はお腹でコントロールして音を繋げ…

歌レッスンの感想

1.学んだこと。基本の発声、ハミング、口の使い方、口の空間の使い方、楽譜の読み方、など。2.気づかせていただいたこと。教えていただいたこと。人の前で歌うことの難しさ。恐ろしさ。久しく気心知れた人の前でしか歌うことがありませんでしたが、今日、初…

歌レッスンの感想

1.腹式呼吸・身体を(特に上半身)柔らかく、柔軟に!・「ハハハハハハハハハ~ッ」息を吐いて音階を追う!・「pupupu~ッ」音に合わせて、唇リラックスで、息を吐く!2.発声・「ア~」・「イ~」・腹式呼吸で、息を大切に続けるように、発声する!3.歌・テキ…

歌レッスンの感想

1.首のストレッチ:頭の重さに任せて首を伸ばすように、息を吐きながら脱力してゆき、吐き切ったところで息を一旦止めてから更に脱力しながら息を吸い込む。2.アエアエアの発声(ドレドレド:エで舌を出す):口を欠伸のように縦に開き、鼻の両脇で上唇の両…

歌レッスンの感想

1.現状。喉が弱いというよりもう少し身体で踏ん張った方がよい。身体に音が付いていて良いラインで声が出ているが、それがまだ弱い、もっと息を吐いてもっと腹圧かけてもっと身体が使えるようになると、高音で口の中が開いていて、お腹の力で音を押し上げら…

歌レッスンの感想

呼吸サッシュッヒッSaオエ(ソソソ~ミミミ~ドドド)Felice・Felicitaスッススが前に進まなかったが手を回すことにより前に飛ぶようになった。エが閉じ気味の口が縦に開くようになった。オと近い開き方で良かった。liがRになってしまった。feでフッと音を…

歌レッスンの感想

1.ヒの音の力が弱い。しっかり!2.シュはいいけど、スとヒは奥の方で出している感じで、苦しそう。前に音が出ていない感じ。3.シュはシにならないようにウの母音しっかり!4.SaのSの子音をしっかり入れつつ、アの口をスパッと開ける。Sa-…と横に流さな…

歌レッスンの感想

1.5度スケール ソファミレミレド ミレドsaオアオア sa→2.3度 ミレド Faテヌート レガード3.5度 ソミド Faテヌート レガード4.5度 ソミド s-Fas-Fa 息 テヌート レガード5.5度 ソ ソ ソミド Faスタッカート テヌート レガード1.休符をしっかり。2つ目のsaを言…

歌レッスンの感想

1. Sアーオーアーオーアー アオア (ミレドレミファミレド ミレド) 頭をダランと下げて首の力を抜く 足は肩幅 2. 課題曲を見てもらう2番3番の終わりを不要に伸ばさない 頭を下げて、手もダランと下げて歌う アオアオアオで歌う 「あなたの愛になりたい」…

歌レッスンの感想

1)呼吸法2)発声練習:レガート(ミエア、ブロイ ルロルロルロルロルなど)、それぞれスケールで音域を広げる。ハミング付きもやる。目的1)声を楽に前に出す、その為に声(息)の流れる良いポジションに確実に当たるようパーセンテージを上げる2)息をしっか…

歌レッスンの感想

発声(Aスケール)1.基本低い方が相変わらずあまり出ない(FかEくらいが限界、以前はCくらいまで出たこともある)・「ちょっと余裕が足りないが、悪くはない」基本練習をしっかりしていないと、曲だけを歌っているとたとえ量をこなしていても「その曲の…

歌レッスンの感想

1.トレーナーによって、レッスンの内容はかなり違う。どれが正解ということはなく、結局は自分で選べば良いし、かなり後にならないと何が良いか悪いか分からない。確かにそうだと思います。歴史の真実だって、後にならなきゃわからないし、真実は光の当て方…

歌レッスンの感想

・目標やゴールによって、レッスン内容や取り組みも変わるため、具体的なゴール設定が必要。(短期・長期)私は今のところまだ、人前で歌うことに関して現実味を感じていないことに気付いた。・声を出した時の不安定さは、なんとなくわかっていたが、声の切…

歌レッスンの感想

1.発声最初の言葉から大きく声を出す中音域以上から息が使われてしまう声を広げずに一つにまとめるベストの部分をさらに深めベターの部分をより良くする2.身体を鍛える 日頃から筋トレ、色んな運動、息を深くする3.歌 オリジナル曲の歌詞『厳しい』は難しい…

歌レッスンの感想

1.力まないように気をつけると必要なところの力まで抜けてしまい、声が浅くなってしまう。2.力加減がよいバランスで保てると、良い声が出るようになった。3.継続して深いところからの声を目指して、必要な力み、不要な力みの判別がつくようにしたい。不要な…

歌レッスンの感想

真直ぐな姿勢を保ち息を声にする効率を上げること。口を大きくタテに開け、喉を開いて共鳴スペースを作ること。アタマの後ろに響かせるようなイメージ。イとエの発声時特に気を付けて子供のような歌唱にならないように。息はお腹でコントロールして音を繋げ…

歌レッスンの感想

息吐きトレーニングハイ、ララの響きチェック長唄を使用しての響きチェック長唄という新たなジャンルで声に対する新たな考え方を学びました。継続する中で自身の課題を浮き彫りにしたいです。(OW)

歌レッスンの感想

1. 発声の基本を学びました。2.まだ舌根と舌の位置、軟口蓋の上げ方が非常に不安定で曖昧で、かつ無駄な力が入っています。楽な方へと楽な方へとそれらが逃げてしまっています。慣れること、そしてそれを柔らかく位置を定めること。その2つが当面の課題だと…

歌レッスンの感想

1.腹式呼吸・身体を(特に上半身)柔らかく、柔軟に!・お腹の下(丹田)の方を意識し、力強く式呼吸すること!・「ハッハッハ~ッ」ミレド2.発声・「ア~」ドレミファソファミレド・腹式呼吸で、上半身リラックスで、下腹部はしっかり下方向に意識して、口はあ…

歌レッスンの感想

1.「音高くなって、怖くなって、自分で首を絞めてる」と指摘があって、以前より認識していた点でもあったので、改善できていないのだな、と再認識した。2.「息を吸ったときはノドが開いてる」らしい。その形を身体で覚えたい。3.息は下に流す。ピッチを気に…

歌レッスンの感想

腹式呼吸の習得。下半身を安定させて息を吸うときに肩、顔が動かないようにすること。声を集めるイメージ。喉のポジションが変わらないようにする。口を大きくタテに開け、喉を開いて共鳴スペースを作ること。曲のテンポに遅れないようにすること。のばす母…