ヴォイトレレッスンの日々  

ヴォイストレーニングに関わっている方と、ブレスヴォイストレーニング研究所のトレーナー、スタッフの毎日をとりあげていきます。

06)歌のレッスンの感想

歌のレッスンの感想

1.アの発声練習(ドレミレド) 2.アエイオウの発声練習(ドレミレド) 顔の筋肉を大きく使って発音する。 発声するうちに腹が上下左右に広がってゆくように意識する。 4.隣り合うフレーズに強弱の差を付ける。 音楽や歌は、演じられてゆくうちに成長してゆく…

歌のレッスンの感想

レ、ミ、ファの音程を下から取る時がある。音を探らないようにする。 中音域を体で支えるようにしたら、低音や音域も安定してきている気がします。「中音域を体の支えで取れるようになると、音域が上にも下にも広がる」という意味が何となく分かってきました…

歌のレッスンの感想

今まで顔周りばかりを意識してましたが、腰や頭を意識することにより喉がリラックスしやすくなることに気付けました。実践でも少しずつ使えていってると思います。(WS)

歌のレッスンの感想

「いつも何度でも」 喉仏を下げる方法を教えていただき、喉の緊張を和らげることの重要性を改めて認識。 歌うときに、「き」の音が出しにくいと感じることがよくある。その時に喉仏を下げるつもりで歌えばいいのかなと思った。(IG)

歌のレッスンの感想

1.練習の仕方について(携帯のツールピアノ、家で声を出せない時はカラオケ、声の出す場所を意識して「故郷」を練習する)2.声の変化について気づくこと3.声帯の様子について考えること歌う事を少し意識出来た。声帯を大切にすることを再認識しました。(SY)

歌のレッスンの感想

1.中島美嘉、ミーシャなどの声について2.口角上げて、上を開けることが大切3.下に落として、息漏れで歌うと、喉痛めやすい頭の上へ響かせるように歌うことへの意識(ON)

歌のレッスンの感想

1.歌うのはビールの上澄み部分で。以前も言ってもらい、その時はなんのことかよくわからなかったが、今日はなんとなくわかる。2.コンコーネの21は音が取れてきた。イメージを利用して歌う。軽く歌うのとテンションを下げるのは違う。3.コンコーネの22も見て…

歌のレッスンの感想

口を開く感覚、顎を下げて開く事の感覚が、ようやく理解できてきたように感じました。 顎の位置が正しく出来ている時は「う」の形での発声もしやすく、より声が先の方で広がり出ていくようにも感じました。(MH)

歌のレッスンの感想

1.伸び、ストレッチをしてしっかり喉のリラックスを感じながらあくび喉で息を吐く2.横隔膜部分ではなくヘソから10センチ位下の部分をへこませてのブレス。 これやっぱり難しくてなかなかできないです。(WS)

歌のレッスンの感想

1.手に無駄な力が入っているので、抜く。2.リラックスして、お腹からしっかり出た安定した声を目指す後ろに響かせて高いよい声を出していく。出にくいところは、口の中の鼻の下あたりに当てていくと、ミックスが出しやすいように思う。(ON)

歌のレッスンの感想

1.歌詞の内容についての理解 2.歌詞の中から自分なりのイメージを作ること 3.詞の内容を理解することで歌い方に自信が持てたこと 詞の内容解釈について先生の助言をいただいてよかったです。 歌への説得力がついたと思いました。(SO)

歌のレッスンの感想

1.肩周りの力が抜けるとやっぱり息がすえる。(肩、首、ひざ、腰がそれぞれぐにゃぐにゃに体をおりたたんで) 2.息が水道ちょろちょろのようにお腹下までゆっくり入ってくる 3.へそより下を意識する 4.口は「ほ」 5.バタフライのように(ひじを体うしろに)…

歌のレッスンの感想

テキストの入門編では、自主トレ不足で読譜力不足、口の開き方、リズム、音程に気をとられて、ブレスの仕方が不十分になってしまい、反省の多いレッスンになってしまいました。(YY)

歌のレッスンの感想

.身体のある部分に偏って力が入っていることを指摘していただき(顎、手首など)、身体の一部を動かしたり歩きながら、均等にバランスをとりながら行ってみて、少し違いを実感したように思います。レッスン中には、違いを感じられます。日頃からの練習になかな…

歌のレッスンの感想

息を吐くようにした息を媒介にして声を出している息が進まなくなると舌・顎が硬くなるゆったり息を吸って身体を使って息を吐くことが大事低いラまで出ている3つの音を1つのフレーズで一筆書きしているイメージで漢字の「一」を書いて行ったり来たりしない…

歌のレッスンの感想

1.息つぎについて。歌うときはMaxの8割くらいを吸っている。2.息を使わないで発声していく感覚がわかるのに、5、6年はかかる。3.今は息を節約しない。声を出していくこと。今は息の節約を気にしなくてよいということで、楽になった。(II)

歌のレッスンの感想

1.片足で立つと声が安定する。 2.スタッカートでサエアオアも口を開けたまま動かす。 3.ほっぺを手で押さえてリズムで歌詞を読むとリズムも発音もはっきりする。 4.レッスンに向けて気持ちを盛り上げていくこと。 スタッカートでも口がよく開くようになり、…

歌のレッスンの感想

1. 発声の基本 ○ハミング(ソファミレド) ・音の頭を微妙に下から取っているので、上から取るようにする。 ○「アエイオウ」(同音) ・高音域はもう少し体を使えるようにする。 ○スタッカート(ドミソミド) ・音域が広く出るようになってきている。 2. 課題曲 ○…

歌のレッスンの感想

1. 自分が声帯のどのあたりで声を出しているのかに気付けた。 2.間違った声の出し方をした時に直ぐに気付けるようになった。 3.力を抜く、という概念が間違っていたことに気付けた。 レッスンのあと1日声が出しやすかったです。 明日もストレッチして、1か…

歌のレッスンの感想

1.あくびのポジションあくびをすると、のどの奥に大きな空洞ができる。さらに、つむじから後ろの頭が前と同じだけあるとのイメージを持つ。その状態で発声する。 2.胸を鳴らす胸の筋肉と背中の筋肉が一段上に行くようにする。力を抜くのと胸や背中を下げ…

歌のレッスンの感想

1 .前の声を使って発声をしていたということ 2.後ろと縦に意識して発声してみるということ 歌うときどうしてもベタッとした声(前の声?)になりがちなんですが、後ろと縦、丹田を意識して歌うと芯のある声になるような気がする 。(O)

歌のレッスンの感想

一オクタープ上がる箇所でジャンプと思わない緊張があると息が吸えなくなり息が止まってしまう大丈夫、いける、と思う(Z)

歌のレッスンの感想

1.なめらかに頭を動かすことで体の動きに声がついてくる。 2.ズー、ズー、ズーと短く言ってみる。ずっと摩擦したまま。手を頬に当てたままやってみる。カクンと頭をおろして目線前でズーをやる。ズーで『赤とんぼ』を歌う。Zが減らないように。Zが減ったとこ…

歌のレッスンの感想

1.背中を叩いて声が正しいところに入ってるか確認する 2.上放り投げるには息の勢いと支えが必要 声の通り道は同じ 3.引き続きブレスに気をつける 上に放り投げる練習をして改めて歌うには息の流れ 勢い お腹の支えが大切なんだと思いました。 (N)

歌のレッスンの感想

1.sa.e.a.o.a 頭を動かしながらスムーズに上を見る。 2.スー sa シューsa ヒーーsa 口を横に開ける癖がある。 口周りに力を入れない。大きく開けようとしなくてもあいている。 3、常に3曲くらいは歌えるものを用意しておくとよい。 (I)

歌のレッスンの感想

裏声でロングトーン、スタッカートがさらにハキハキとできるようになりました。とくに高音での乱れもなくなり、低音のかすれもなくなりました。(G)

声のレッスンの感想

1. 頭蓋骨を上げずに、下顎だけを落とす感じで口を開け、喉を開ける。2. 頭の上側ではなく、下に響く感じで発声する。 頭蓋骨を上げないように気を付けて発声すると、声が上ずらずに出しやすかったです。(U)

歌のレッスンの感想

発声の自主練習をするときや歌を実際に歌う練習のとき、トレーナーに教わった姿勢や重心、筋肉を意識することで格段に声の伸びが違います。また、オソーレミーオの間違いにも、前向きなお言葉を頂き嬉しかったです。(I)

歌のレッスンの感想

同じ音が続くところは滑らかに言葉はもっと適当でよい歌詞の読み、イタリア語の雰囲気を掴んだ方が歌い易いきれいに歌っている時はきれいに見えている人前で歌うことを意識してみる(Z)

歌のレッスンの感想

・大あくびで発声。最後は点に絞る。 ・マメミモムの発声。もっともっと柔らかく。もっと力を抜く。舌根を下げる。支えて。吐き続けて最後まで。 ・「夢見る想い」をマで音程をとる。(N