ヴォイトレレッスンの日々  

ヴォイストレーニングに関わっている方と、ブレスヴォイストレーニング研究所のトレーナー、スタッフの毎日をとりあげていきます。

05)声のレッスンの感想

声のレッスンの感想

機敏に発音し、口を正しく開けることを自由みできるようになったら、楽しくなると思います。 脳科学者の中野さんが、「脳に負けるかもしれないと脳が感じると、脳が負ける方向へと働いて、結果負けることになる」と話しているのを聞いて、レッスンの時も、間…

ホームページ更新

ホームページの「お勧めアーティスト」ほかを更新しました。 http://www.bvt.co.jp/new/

声のレッスンの感想

1.体の反動を使うと上手くだせる2.立ったままだと、喉がベコベコ動いてしまう。少しずつ声が出るようになったかも。(RO)

声のレッスンの感想

1.基本は脱力と支えの二本立て2.緩んだまま息を吐く感覚を感じておくウォームアップを組んでいただいてとても嬉しいです。ストレッチをするときに息を吐くようにしております。声も身体もとても心地よいです。(SN)

声のレッスンの感想

1.音つけての発声うの口でおの発声 声の浮きを防ぐトレーニング普段使わないような口の開きでの発声2.貧乏神とにかく、口の開きを横でなく縦方向へもっていくかつ 呼吸、吸っているきからの表現、セリフを言っている時の表現。口の形と発声 声の浮きを抑え、…

声のレッスンの感想

1.ハミングでmmmmm基→高→低 2.あめんぼを読む 3.50音交錯表 右から左へ読む 4.あめんぼ を文として読む 同じテキストでも視点を変えると別のものが見えてくる。(II)

声のレッスンの感想

1.口の奥の空間の使い方2.声と声帯と身体のイメージが関連していて柔らかく優しく使うこと。イメージをしながら声を出すことの大切さ。3.色々関連づけると難しく思う様に声が出ないこと、それを繰り返し上達していくこと。声が以前より出しやすくなった。声…

声のレッスンの感想

50音交錯表ゆっくり読んでみて、色々1つのことがやり方変えると違うことのレッスンになるんだなって気がつきました。(MK)

声のレッスンの感想

ハミングでは、低い声を出そうと力が入り出しづらかったのですが、「頑張ろうとせずに」というアドバイスでやってみましたら、楽に声のボリュームもあがったように思いました。(AY)

声のレッスンの感想

1.音をつけての発声ゆっくりと吸う息をお腹の下まで通す上半身が力まないように注意たくさん吸いこもうとすると、掃除機のようになってしまうのでそうならないようにする。腰がそってしまうことがあるお腹周りが縦横全体に膨らんでいくイメージで吸うとよい…

声のレッスンの感想

1.ハ行の発声 膝から身体をゆすって発声するとよい。動かしているつもりが肩を動かしてしまっているので注意する。腰をゆする。 2.蜘蛛の糸 一語一語でなく、フレーズで 言葉をどんどん流すように。しかし速くならないように注意。口左右と顎を手で押さえて…

声のレッスンの感想

1.体づくり(ほぐす、筋力をつける)を心がける。2.腹式呼吸(腹部の側面、背面)を意識する。 ブレス。犬の息づかいのように「ハッ!ハッ!ハッ!ハッ!」と力強くお腹を出しながら、息を出す。3.欠伸の喉で、「あいうえおいうえお…」を言う。 顔の筋力も落…

声のレッスンの感想

1.発音が奥に引っ込むということがどういうことかわかった2.外に聞こえてる音と中で聞こえてる音の差がわかった(D)

声のレッスンの感想

1.しっかりと息が入ると余裕のある声になる 2.息をしっかり入れるのが難しい 3.まだ身体がかたい 息の入り具合を気にするようになった (R)

声のレッスンの感想

1.胸筋と背筋のストレッチ 2.アエの発音練習(喉仏の上下) 3.舌根のストレッチ(左右3回転ずつ) 4.朗読「友よ」(渡哲也) 人格を変えずに、音程だけ変えてみる。 <イメージ> 標準を渡哲也として、 高音:堺雅人が同人格になったように。 低音:仲代達…

声のレッスンの感想

1.感情的な台詞ではあごに力が入る 2.口の中を大きく開けて息を吸うとよい 3.文章を読む芝居が速い 口をだらんと開けて脱力した状態でもパワフルな感情が出せることが分かった。しかもその方が声も効率よく出せるということを、ひとまず頭では理解した。これ…

声のレッスンの感想

1.saエアオア 前のめりになっていてすくい上げる傾向がある。最初のsaの口の形を鏡で確認してなめらかに上へ。2.小指の先を噛みながら発声3.前歯を合わせ おちょぼ口で前に声を出すかさささ意識を持つ。口を横に開かないように手のひらで挟む。おちょぼ口で…

声のレッスンの感想

1. 喉の開閉・腹式呼吸の仕方。2. 観察すること。3. 肩や体をリラックスさせる。お腹を以前より意識するようになった。(Y)

声のレッスンの感想

1.四つん這いで背筋と頭を真っ直ぐにすると、良い状態で息が出る。 2.あくびののどにすると息がよく通る。 3.もう少し背中に息が入りそう。 一回息を全部吐いてから、もう一度吸って吐くとその後背中に息が入れやすいことが分かった。(M)

声のレッスンの感想

1.片足で立ち、背中を押され押し返し声を出すレッスンは、かなり負荷がかかる。2.口の開き方をもっと自然にする。 3.スムーズな息使いのためのスムーズな頭の動きは、勉強になった。 息づかいと体の動きは連動しているとのことで、体の動きにも注意を払うこ…

声のレッスンの感想

1.ブレスは基本。気がついたときにやるようにしたい。2.あくびののどで、口を開けて発声するときに舌に力が入ってしまう。 3.や行 なま行 さは行 あかさた行 の発声をあくびののどで発声。間違わないようにするにはさらなる練習が必要である。顎が上がってき…

声のレッスンの感想

.発声する前の芝居に呼吸を使う。 2.呼吸の振り幅を発声前に向けて大きくしていく。 3.呼吸で芝居をしていれば、間は気にならなくなる。 発声する前に芝居をしながら呼吸をすれば、楽なのに演技がうまくも見えるというのは驚きの一石二鳥でした。(S)

声のレッスンの感想

1.髪を引っ張られる感じ 2.しゃべっている感じ 3.横隔膜(下)で支える 3つのバランスが整うと、小さな声でも芯があり、軽くても遠くに届く声になることを教えていただきました。pで出すことで息苦しさが大分改善されましたが、まだまだ息が多くて燃費の悪い発…

声のレッスンの感想

1.4:吐く、2:吸う、8:止める 8の前にウッ!と力を入れる 2.地声と裏声を交互に出すと声帯のストレッチになる 3.お腹の下の方の支えが重要 (O)

声のレッスンの感想

1.ゆっくり時間をかけてたっぷり息を吸う、がまだまだ難しい2.身体がかたいようです3.息を吸う事が最終的に「身体を開く」というイメージになるようにしたい(H)

声のレッスンの感想

1.体を大きく揺らしながら、文章を読む。2.体を使って表現しながら読む。 3.発音する形に口の形を作ってから息を吸う。 4.これから何を言うか口の形、動作、表情で相手に予測させてから、声を発する。5.早口言葉の言い方。6.文章を読む時のブレスの位置。体…

声のレッスンの感想

1.腹式呼吸。手と足で体重を支える。頭は背骨の延長線上。背中に息をためる。背中の手を押し返すほど。肋骨ではない。4拍吸って(鼻で)4拍吐く(口から 声を出すイメージで)。4拍吸って8拍吐く。2拍吸って8拍はく。1拍吸って8拍吐く。 2.あくびの…

声のレッスンの感想

まっすぐ平らにする。首の角度に注意する。 顎が上がる傾向にある。 最初はストンと首を下げ力を抜く。 目だけまっすぐにして声をまっすぐ前に出していく。(E)

声のレッスンの感想

1.接続詞を考えると人に伝えるという感覚になれた 2.頑張ろうとして力んでいる自分に気付けた 3.ニュートラルな状態を意図的につくれるようにする事がまず課題だと感じた 普段意識せずに自然に話している状態、 きちんと失敗せずに言おうとしている状態、 表…

声のレッスンの感想

1.首の力みが発声にかなり影響してしまっている2.自宅で何回か練習していたらいつの間にかどんどん力んで練習していた 3.口の動きと首を意識しただけでも大分違う感じがした 長年の課題がここにきて改めて発見出来ました。以前より腹式を意識して発声練習出…

声のレッスンの感想

1.基本の発声、呼吸。2.口腔内を広く保つこと。3.余分な力を抜き柔らかく全身、声を支えること。今まで学んできたものを意識しすぎるのか、変なところで姿勢や筋肉、声が固まっているのを感じました。発声や呼吸を無視しないまでも、意識を抜いて、そのまま…

声のレッスンの感想

聞くと標準語であることはわかる。しかしそれをまねてそっくり標準語で話そうとするとなぜか自分のイントネーションに自然となってしまうことがわかった。 手で高低を確認、音程を覚えるように普段から言葉の高低を覚えて慣れる、それを実際に口に出すことが…

声のレッスンの感想

1.息を流す 2.息と声を繋げる 3.ブレスは吐いたものを吸うだけ 吐かなきゃ吸えない 息がダダ漏れる感覚は息と声が繋がっていないのだと原因がわかりました(N)

声のレッスンの感想

歌詞の朗読「友よ」(渡哲也) 言いにくい言葉は一つ一つの音に分解して練習し、それが正確にできたら言葉を通しで練習する。 言いにくい言葉ほど、腹の働きが大切。 発音は筋肉に覚えさせる。 貸全体を通しで読むときは、上記のような発音の技術は一旦忘れ…

声のレッスンの感想

1.声が鼻にかかっていた。後半、歯を閉じて発声した時、声が少し前に出るようになった。2. Saオア スタッカート→レガートを繰り返し行うことで様々な息の使い方が出来た。3.息の流れを意識すること。(M)

声のレッスンの感想

1.ため息のトレーニングの際、力んで声を出していることに気づきました 2.ごんぎつねを読んでいる際、情景描写位のイメージが不十分であることに気づきました 3.ため息のトレーニングから声を出す際、自分の声がちゃんと出ているかどうかとても気にしている…

声のレッスンの感想

自分でもどこか変だと思っていたイントネーションを指摘してもらえた。ストイックなまでにやらないとなかなか矯正できない ということがわかった。正確なイントネーションを知らずに話し、読んでいるので難しいことである。(A)

声のレッスンの感想

1.文章読みながら発声や表現について自分の声をかなり気にして、心配している事に気づきました 2.逆に、聞いている相手に対する意識がなく、自分が読む事で頭がいっぱいになっている事にも気づきました 3.まだまだ心身ともに硬くなってしまっていることに気…

声のレッスンの感想

1.すぐに日常に取り入れられるウォーミングアップ方法をレッスンしていただけたの がよかったです。 2.口のストレッチでは、舌を下げ平たくし、口を広くして開けるのが想像以上に難し かったです。 3.自分では意識していなかったのですが、発声の際、声が奥…

レッスン受講生のレポート

1.呼吸や発声において、丹田に力を入れて下腹部の筋肉を使うことが大切だと学んだが、まだ使いきれていないと感じた。もっと丹田に力を入れて、そこから声を出せるようにしていきたい。その際に、全身に力が入って固くなることがないように注意したい。また…

声のレッスンの感想

エの口が開きすぎるクセがあること。 声の出し始めが小さいこと。 小さく声を出し始めるくせがついている。 自信をもち意識していけば改善できると感じました。 はっきりとしゃべることで、自分の気分も少しよくなると感じました。(AN)

声のレッスンの感想

背中というか、腰に空気を入れること 喉の意識的な変化は特に必要なく、体で作っていく 背中に空気を入れるイメージが少し掴めた(KA)

声のレッスンの感想

エの口が開きすぎるクセがあること。声の出し始めが小さいこと。小さく声を出し始めるくせがついている。自信をもち意識していけば改善できると感じました。はっきりとしゃべることで、自分の気分も少しよくなると感じました。 (AN)

声のレッスンの感想

1. 吐く際に腹の力を維持するだけでなく、腹を下に押すイメージ2. 発声時に、息のスピードと強さを意識。但し、腹も下に同時に押す3. 発声時に口蓋を開けるが、下顎は下げない意識4.ストレッチの重要性その後の声が柔らかくなっていて、自分でもちょっと嬉…

声のレッスンの感想

1.口をラッパの形にすることで、息の通りがよくなった 2.毎日練習して、少しずつ体に覚えさせていくとよい(KA)

声のレッスンの感想

1)下腹で声を支える2)息を吐くスピードをもっと上げる3)発声は、フォーム(ヘソの下をクッ膨らませて止める、これで力士のように下半身を八の字に下方向へ支える)を作ってから全て始める4)喉と横隔膜は連動している5)ブレスの時に喉の天井をしっかり上げて…

声のレッスンの感想

1.「トゥルルルルー」巻き舌、ドレミレドーで。ある程度発声が身に付くと立っている方が腰がしっかりする等あるが、座ってやる方がリラックスする、内蔵の密度が濃くなって支え易い。2.「ハッハッハッハッハッ」笑い声。ボディ、お腹の使い方はそのままで、…

声のレッスンの感想

1.鼻を詰まらせないように注意する。2.喉を使う時は必ず水を用意する。3.声の飛ばし方を考える。体調を意識するようになった。レッスン前の準備を今迄以上に考えるようになった。(TZ)

声のレッスンの感想

使える声の幅の拡大。基本の呼吸、発声の習得。 少しづつですが、声や息のバランスが整ってきたように感じます。まだ狙い過ぎたり聞き過ぎたりすることがありますが、正しく発声できた時の感触はつかめてきました。 (MH)

声のレッスンの感想

1.顔面のストレッチ2.肩甲骨、下半身を意識したストレッチ3.バレエの型を使ってのストレッチストレッチの前と後でどれだけ声が変化するかを体感できた。日頃の自主トレにも取り入れていきたい。(TD)