ヴォイトレレッスンの日々  

ヴォイストレーニングに関わっている方と、ブレスヴォイストレーニング研究所のトレーナー、スタッフの毎日をとりあげていきます。

01)スタッフ、トレーナーからのお知らせ

レッスンアンケート他

レッスン生の皆様へレッスンアンケート他をお願いしています。後日、アンケート結果をとりまとめます。

ホームページ更新

ホームページの「お勧めアーティスト」ほかを更新しました。 http://www.bvt.co.jp/new/

台風3号

台風3号が近づいて、雨も強くなってきていますが、レッスンは最後まで無事に行えそうです。

2017年7月号会報

2017年7月号会報を発行しました。

メールマガジン発行

「ヴォイストレーナーの選び方」 第157号を発行しました。 まぐまぐは、いつでも登録/解除可能です。http://www.bvt.co.jp/magazine/freemail.html

ライブ大成功

東京に一時戻ってこられたUさん、ライブ直前まで集中レッスンを行っていましたが、無事に大成功とのご報告がありました。

曜日変更

遠方から長い時間をかけてこられているHさん。平日が難しく、日曜日にレッスン変更のご希望がありました。

歌いたい曲

今までのレッスンで歌ってきた曲を、もう一度歌ってみたいとDさん。選曲が楽しみです。

長唄

長唄のレッスンでは、五線譜であらわしたものを使っています。

ホームページ更新

ホームページを更新しました。 http://www.bvt.co.jp/new/

会報2017年6月号

2017年6月号の会報を発行しました。

ライブに向かって

7月にライブを行われるというAさん。曲の仕上げにとりかかっていますが、来月も引き続き集中していきます。

ゴスペル

ゴスペルのオーディションに応募が通りましたとNさん。ジャズのほかにゴスペルとお大忙しです。

コンクールのオーディション

年に何度かコンクールのオーディションにでているZさん。レッスンを重ね、着実に実力がついていらっしゃいます。

今年初の真夏日

東京で30度を超え、今年初の真夏日となりました。半そでや短パンの方もみかけましたが、そろそろ熱中症対策も必要になってきそうです。

インフルエンザ

インフルエンザAとBの両方にかかってしまったIさん。ここのところ、インフルエンザや風邪がはやっていますので、お気をつけください。

ライブ続き

ここのところ、ライブが続いているNさん。ご本人の頑張りとレッスンの成果があり、「ライブの最後まで声が安定しました」とご報告がありました。

ロックンロール

ギターを40年以上弾いているGさん、ライブ活動も精力的にしていらっしゃいます。

ジストニア

ミュージシャンに多いといわれているジストニアにかかっているAさん。少しでも改善できるようトレーナーがレッスンメニュを組んでいます。

気温差

このところ、夏日の暑い日が続きました。今日は気温が下がりましたが、また明日から夏日になるそうです。気温差が大きく、体調管理にお気をつけください。

スカイプレッスン

スカイプレッスンのTさん、ipadを使われていらっしゃるので、外出先でもレッスンが行えます。

よさこい

よさこいをやられている方が何名かいらっしゃいます。レッスンでやられたことをよさこいにも活かしてもらえればと思います。

GW最終日

GWの最終日となりましたが、レッスンの欠席もなく無事に終わりました。

披露宴のパフォーマンス

披露宴で歌のパフォーマンスを行われたSさん。ハプニングはあったものの、大勢の人の前で場が盛り上がって本当によかったです。

GWの期間に

GWのお休み期間中に、京都からKさんがいらっしゃいました。次回はスカイプレッスンになりますが、また夏休みにでもいらしていただければと思います。

大学生活

4月から大学生になられたTさん、大学の講義の時間も決まり、レッスン日を増やして頑張っています。

舞台あけのレッスン

舞台を終えられたMさん、喉の疲労の様子をみながらレッスンを行いました。

ライブに向けて

休会中のSさんから、10ヶ月ぶりにご連絡がありました。ライブが決まり、集中してレッスンを受けたいとのことでした。久しぶりにお会いするのが楽しみです。

【レコーディング】

近々、レコーディングを行うDさん。デモ音源をトレーナーと聞きながら、レッスンに望まれています。

今日のトレーナーのできごと

Mさん、意識的に体の踏ん張りを増やすことができておりとてもよい変化でした!自分が意識したらちゃんと身体が反応する、ということが重要なのです。(サンデクジュペリ)

今日のトレーナーのできごと

Oさん、息を吸うときに「オ」の口でゆっくり吸えると、いい声がたくさん出ていました。この感覚に慣れていきましょう。全体的にはいい方向に進んでいますので、この調子で頑張りましょう。(牛若丸)

今日のトレーナーのできごと

Iさん、共鳴空間を広げるために、上あごを上げたりあくびの位置を思い出していただきながら歌いました。喉を鳴らすというより、喉で作られた原音を頭蓋骨に響かせていくというイメージを持たれるととても良かったです。(アロマ)

今日のトレーナーのできごと

Uさん、中間音域のド~ミ辺りの音を下から探るように取るのではなく、上から気をつけて取るようにしましょう。そうすることにより上下に音域が広がっていくと思います。(ガッツ)

今日のトレーナーのできごと

Oさん、前回を踏まえて、新しい試みもどちらも上手く実践できており効果は見て取れます。さらに声により響きが乗ってくると素敵ですね。(サンデクジュペリ)

今日のトレーナーのできごと

Nさん、曲は、気持ちを込め過ぎて、声が置き去りになってしまわないように、うまくバランスをとりましょう。(逗子)

今日のトレーナーのできごと

Tさん、無理のない本来の声でテキストが読めるようになってきました。呼吸が浅いと声が裏返ってしまうので、深い息で、胸を固くしないで発声するよう心がけましょう。(アリス)

今日のトレーナーのできごと

Mさん、三日後の本番に向けて、声を出すだけではなくステージに上がってから最後の曲を歌って拍手がくるところまでイメトレしてみましょう。より具体的にいいイメージをすると、不安も取り除けますしむやみに声出しするよりよっぽど効果的ですよ。(風)

今日のトレーナーのできごと

Wさん、マモマの発声ですが、マの時もモの時も喉のポジションは同じです。最初に出したマのままの喉の状態で最後までいきます。 大きな古時計ではゆっくりうたう、喉の開き方を確認しました。(このは)

今日のトレーナーのできごと

Dさん、高い音に向かうときに息をひそめてしまっているので、なるべく、外に吐き捨てるように、発声していけるようにしましょう。次回は息を素早く吐くように発声練習しましょう。(アロマ)

今日のトレーナーのできごと

Mさん.「椅子に座り前屈」は発声や曲に関係なく、立ったときに効果が出ているのでよく実践できている証拠です!(サンデクジュペリ)

今日のトレーナーのできごと

Nさん、「声を出しながら息を吐く」というテーマは、とても大事なことなので、引き続きこれを大事に、していきましょう。吸うときに、「オ」の口で吸えているときに、より良い状態になっていますので、合わせて慣れていきましょう。(牛若丸)

今日のトレーナーのできごと

Dさん、日本語はアクセントが高低なのでこの音の高さの広さは表現の幅になることがあります。この幅が狭いと淡々と聞こえて暗くきこえがちなので注意してください。(とっくり)

今日のトレーナーのできごと

Oさん、低音を失わないように、しっかり低音の自主トレを充実させましょう。(逗子)

今日のトレーナーのできごと

Mさん、時間をかけて呼吸から発声→歌へとつながり、良い歌になりましたね。 長い曲で途中力尽きそうになりますが、歌詞のストーリーを体に入れると自然と「どう歌おうか」ではなく「曲がどう歌ってほしいか」というのが分かるのではないでしょうか。(マナブ…

今日のトレーナーのできごと

Aさん、音程が安定してきました。キーボードで弾きながら練習を少し増やしましょう。次回も、細かく勉強していきます。(琴)

今日のトレーナーのできごと

Uさん、一音目母音からの歌い出しでも喉が開いた声になっていたのはとても良い変化でした!(サンデクジュペリ)

今日のトレーナーのできごと

Gさん、「何が・どうして・どうなった」ということを、わざとらしいくらいに読むこと、そして、文章から想像したものを、エネルギッシュに相手に届けるイメージを持って読むことができると、とてもいい状態になっています。この感覚を大事にしましょう。(牛…

今日のトレーナーのできごと

Tさん、掘らないで、割れないで、楽な地声が身についてきましたね。喉のコントロールがだいぶできるようになってきています。今日のレッスンでできたことを自信をもって続けてみてくださいね。(アリス)

今日のトレーナーのできごと

Gさん、指摘されている部分を、わざとらしく大げさに読むことと、「通ると」の部分は「とおると」の「お」の部分に向けて音楽で言うクレッシェンドをかけているイメージを持つと、改善されてきました。また、句読点で句切られている部分の先に苦手なポイント…

今日のトレーナーのできごと

Uさん、息をする時、吸う音が聞こえるようにしっかり吸ってください。そしてその瞬間に喉の奥を開けます。目を見開き、眉毛を上げましょう。自分の顔の中に空洞ができて響く場所ができてきます。声を出す時に出す前の準備があります。少しずつ、体の感覚で覚…